確定申告の期間とルールとペナルティーのまとめ

毎年3月15日は確定申告の締め切り日。この日までに確定申告できなければ何かにつけて面倒が多くなってしまいます。とはいえ誰もが多忙を極める年度末。検索エンジンの予測の中には「確定申告 期間内に行けない」なんてワードもあり、焦りが感じられます。それを解消すべく、ここでは確定申告と期日に関するエトセトラをご紹介します!

確定申告の期間と期限

まず初めに確認しておきたい確定申告の期間ですが、これは毎年変わることなく、2月16日~3月15日と決まっています。大変忙しい年度末ですよね。特に2月は短いので1か月余裕があると思っていると期限がすぐに迫ってきてしまいます。締め切りが3月15日というイメージがかなり大きく、確定申告といえば3月になってからするもの、という感覚がどことなくありますが、決算直後から準備しておけば年度末に気忙しい思いをせずに済みますよね。
確定申告の提出方法の詳細はこちら

確定申告できなかった場合のペナルティ

では、期限内に確定申告が出来なかった場合にはどのような事態が発生するのでしょうか。与えられるペナルティは大きく分けて二種類、上乗せでの納税の発生(無申告加算税)と、青色申告上での罰則です。どちらも大きなお金が動くことなのでかなり手痛いものです。

詳細を説明すると、確定申告は期間内に出来なかった場合期日後申告という扱いになります。すると、遅れた分の遅滞税を支払わなくてはなりません。さらに大幅に遅れた場合は申告がなかったものと見なされ、無申告加算税を納めなくてはならなくなります。それぞれ遅滞金は年利最高14.6%、無申告加算税は20%であり、単純に納付すべき税額が約1.5~2割増しになってしまうということになります
青色申告特別控除
また、青色申告上の罰則についてですが、まず、青色申告特別控除が受けられなくなります。青色申告特別控除とは、必要経費とは別に青色申告特別控除として65万円を差し引くことができる制度です。これを期日までに行えなかった場合、控除額が10万円に減るため、実質的に55万円のロスになってしまいます。
さらに、税務署からの勧告があったにも関わらず二年連続で法人税の申告を行わなかった場合、青色申告が取り消されることになります。

青色申告特別控除の詳細はこちら

還付申告と確定申告、期限を同一視していませんか?

還付申告とは、確定申告することによって多く払い過ぎてしまった税金を還してもらうための申告です。確定申告と方法が同じなので期限も同一視しがちですが、還付申告は基本的に確定申告で発生した漏れを修正する役割を持つもので、当然こちらは確定申告の後に行います。どのような場合に発生するかというと、年末調整してもらった時に本来受けられるはずの所得控除が適用漏れになってしまっている場合、例えば年末調整後に結婚し、配偶者が自分の扶養に入ったが、配偶者控除が適用されていないケースなどがこれに該当します。
還付申告は基本的に定められた時期にしなくてはならないものではなく、税金の過払いが発生してから5年以内であればいつでも申告可能で、年中対応してもらえます。
しかし、こちらは基本的に「自分が見落としてしまった税金を取り返す」ための申告なので元から見落としがないことが一番です。

期間内に行けない場合はどうすればいいの?

確定申告の受付期間はトータルで一か月間もありません。その間留学して海外に居る場合や入院してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。
確定申告

納税管理人を立てる

自分が都合で何かが出来ないときに代理人を立てるのは世の常ですよね。確定申告に関しても納税管理人を立て、代行してもらうことが出来ます。
→納税管理人とは
納税管理人の主な業務は、非居住者の日本の留守宅での賃料収入の申告と、税金の支払いの代行です。もちろん確定申告の受付期間中に本人が国内に居ない場合、確定申告の代行も可能です。お金の管理が主な業務ですから、信頼できる親族や税理士、会計士に依頼するのが良いでしょう。

災害で遅れてしまう場合は延長制度あり

国税庁は、災害等の理由により申告・納付などをその期限までにできないときは、その理由のやんだ日から2か月以内の範囲でその期限を延長することができる。と定めています。また、納税までの期間も一年猶予が与えられることとなります。本当にやむを得ない事情であり、一度落ち着くための期間が設けられているので、こちらのケースは期限を過ぎてしまっても焦ることはありません。

申告の用紙を事前に入手する

確定申告の用紙は国税庁のHPで常時ダウンロードすることが出来ます。印刷して利用することができるので、決算終了後すぐに、時間が取れるときに記入を済ませておくとあとは提出するだけになるので楽になります。また、提出の方法は郵送で良いので受付期間が多忙な時期であっても、申告しそびれてしまう心配は少ないですよ。

確定申告の用紙のダウンロードはこちら

期限を過ぎてしまった時の対処法

うっかり期限を過ぎてしまった時にまず第一にすべきことは自主的に期日後申告をすることです。期日を過ぎてしまってからの確定申告は全て期日後申告という扱いになりますが、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、無申告加算税が5%の割合に軽減されます。税務署から指摘されてからの期限後申告だと無申告加算税は20%になってしまうので、潔く自分から言った方が楽ですよね。

さらに、期限を過ぎてしまったのは今回が初めてだという場合ならばなおさら自主的な期日後申告が薦められます。普段からきちんとしていれば少し失敗しても、自分からミスを謝りに行けば今までの信頼から目をつぶってもらえることがありますよね。確定申告のし忘れも同じで、このようなルールがあります。

期日後申告であっても、次の要件を全て満たす場合には無申告加算税は課されません。

1その期限後申告が、法廷申告期限から1か月内に自主的に行われていること。

2期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合⑴⑵に該当すること。

⑴その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限までに納付していること
⑵その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。

国税庁HPより引用

言葉は難解ですが、要は3月15日から2週間内に自主的に期日後申告を行った、過去5年間期限内に納税が出来ている人物ならば上記のような重いペナルティーが与えられることはないということです。日頃から誠実に生きることは大切ですね。

まとめ

・確定申告の期限は原則毎年2月16日~3月15日。
・期限後申告では、上乗せでの納税と青色申告特別控除が受けられなくなる場合がある。
→早めの自主的な期日後申告でペナルティーは取り消し、または大幅に軽減される。
・やむを得ず期限内に申告が行えそうにない場合は納税管理人を立てる、
早めに郵送する等の手を打っておく。

いかがでしたか?この記事では確定申告の期限と、それを超過した場合のペナルティーを中心にまとめてお伝えして行きました。期限内に提出するための工夫は様々ですが、期限を過ぎてしまった場合の対処法は一つ、すぐに自主申告して少しでも遅滞税の上乗せ率を下げる努力をすることが重要になります。みなさんも焦らず、余裕を持って行いましょう!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集者。史学と文学が好きです。美食にあふれた吉祥寺と渋谷を往復し、日々肥えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする