リスティング広告で効果を出すためにすべきことは?広告の運用方法をご紹介

リスティング広告とは、「検索連動型広告」とも呼ばれており、検索キーワードを元に表示される広告を指します。ターゲットを絞ることができ、短期間で効果が出やすいところが特徴です。今回は、リスティング広告の特徴や運用方法を紹介します。サービスや商品の売上を伸ばしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リスティング広告とは


リスティング広告は、「検索連動型広告」とも呼ばれyahooやGoogleなどの検索エンジンで欲しい情報のキーワードを検索した場合、その検索結果をもとに表示される広告のことを言います。Yahooでいうと、検索結果ページの一番上や一番下、右側に表示される広告を指しています。リスティング広告は、ユーザーの欲しい情報やニーズに合わせて広告を表示されるため、新規顧客を獲得しやすい広告です。

リスティング広告の有用性


WebサイトやECサイトが増加していく中、集客方法は多様化しています。その中でも、王道だと考えられているのがリスティング広告です。リスティング広告の市場は未だに右肩上がりで、それだけ有用性が高いと言われています。さらに、キーワード単位で広告を打つことができるという点から、購買意欲の高い層にアプローチできるのです。そのため、即効性が非常に高いのが特徴です。万が一、効果があまり感じられない場合には、設定を変更することで、施策を柔軟に改善できる利点もあります。

このように、リスティング広告の有用性にはさまざまな点があげられます。1つずつチェックしてみましょう。

速効性が高いマーケティングができる

リスティング広告は指定したキーワード単位で広告を打つことができます。そのため、指定したキーワードに関心や興味があるユーザーが自然と集まることになります。ユーザーのニーズに合わせたキーワードに広告を出すことができれば新規の顧客取得につながり、速効性の高いマーケティングとして利用することができます。新規顧客の取得は頭を抱える部分なので、リスティング広告を利用するメリットだと考えられています。

購買意欲の高いターゲットに絞ってアプローチできる

消費者がサービスや商品を購入する場合、「欲しい商品を認知する」→「欲しいという欲求が起こる」→「購買行動に出る」という消費者心理が働いています。リスティング広告は、欲しいサービスや商品を検索するという、すでに購買行動を起こしている消費者に向けてピンポイントに働きかけることができます。そのため、消費者がサービスや商品を探すときに使用していることがキーワードさえ掴んでいれば、購買意欲の高いターゲット層にアプローチすることができます。

施策を柔軟に切り替えることができる

リスティング広告は1ヶ月の予算に合わせて、柔軟な運営をすることができます。例えば、1日に使用する予算を設定することができるため、日によって表示される回数を変えることができます。また、時間帯や地域などを絞りこむことができる場合もあり、より細かくターゲット層を指定することも可能です。このような機能を使い柔軟に運用することで、より効果的なマーケティングができるようになります。

リスティング広告の運用方法


リスティング広告は、運用の方法とポイントをしっかりおさえることでより短期間で効果に繋がることが期待できます。しかし、運用方法を間違えているとなかなか思うように成果をあげることができません。ここからは、リスティング広告の運用方法を詳しく紹介します。ぜひ、リスティング広告を始める前に参考にしてみてくださいね。

失敗してしまう3つの原因


幅広い業種やサービスで効果があると言われているリスティング広告ですが、なかなか効果を実感できない場合もあるようです。商品の戦略方法や訴求ポイントが競合他社に負けている場合や、LPの訴求力が低い場合などは、思ったような成果を出すことができないことがあります。また、そもそも商品とリスティング広告の相性が悪い場合も考えられます。まずは見直してみるところから始めてみましょう。

ランディングページの訴求力を確認!

リスティング広告を運用するようになりアクセス数が増加してもなかなか売り上げに繋がらない場合、ランディングページに問題がある場合があります。ライティングページとはリンクや広告をクリックしたときに表示されるwebページを指します。そのため、ランディングページでサービスや商品の良さをどれくらい訴求できているかは大切なポイントとなります。リスティング広告が売り上げに繋がらない場合は、もう一度ランディングページを見直してみましょう。

製品の強みを生かせず競合に負けている

リスティング広告を始めてしばらく経過してもなかなか効果がない場合、消費者に製品やサービスの良さをアピールできていない可能性があります。インターネットでは、同じような特徴を持つ競合商品を簡単に比較することができます。そのため、競合との差別化ができていない場合や強みを伝えきれていない場合は、残念ながら競合に負けてしまっていることも考えられます。

リスティング広告に向いていないサービスや商品の可能性も

リスティング広告で成果が出ない場合は、そもそもリスティング広告を打つことで新規顧客が取得できる商品やサービスではない可能性もあります。これを見極める方法は、競合している会社がリスティング広告を打っているかどうかです。同じような業種で極端にリスティング広告が少ない場合は、リスティング広告には向いていないのかもしれません。

リスティング広告のPDCA


リスティング広告を運用するときに大切となるのが、PDCAサイクルです。リスティング広告で得たい効果を明確にしてそれに向かい取り組み、効果測定を行います。効果測定の結果から改善案を模索し、もう一度明確な目標を立てます。このくり返しがリスティング広告を有効に活用するためには大切です。ぜひ、次のサイクルを参考にしてみてくださいね。

目標・ターゲット・CVの設定

まずは、リスティング広告を打つ目的と目標、そしてターゲットとする客層を明確に打ち出します。特に、リスティング広告には、設定するキーワードが重要となります。そのため、ターゲット層が検索するときに使用するキーワードをしっかりと考察することが大切です。次に、どのくらい成果を得たいのか設定しておくことで、具体的な施策を立てやすくなります。

広告の効果測定

リスティング広告の運用を開始したら、効果測定の確認を行うことが重要です。効果測定はリスティング広告を開始するときの設定に使用する運用ツールから確認することができます。使用方法は事前に確認しておくことをおすすめします。運用ツールでは、1日辺りの予算やコンバージョンを確認でき、広告がクリックされた回数やどれくらい利益に繋がっているのかが分かります。

施策の改善

効果測定から見えてくる課題を解決することで、リスティング広告の効果を高めるように改善していくことも欠かせません。例えば、広告を表示する時間帯を変更してみたり、広告を表示させるキーワードを変えてみたりするだけでも効果は変わります。また、リスティング広告での効果を感じられている場合は、予算について検討してみるのもいいでしょう。

費用対効果をより高めるには


リスティング広告の費用対効果をより高めるためには、次の3つのポイントを見直してみるといいでしょう。売りたいサービスの強みや訴求ポイントを再確認して、ランディングページを見直してみるだけでも効果が期待できます。また、キーワードの絞り込みも効果的です。できる範囲のことを少しずつ取り組んでいくことをおすすめします。

LPを改善する

いくらリスティング広告が効果的に運用されていても、ランディングページが不十分で魅力に欠けていると売り上げに繋がらない場合があります。商品やサービスの魅力をしっかりと伝えて、欲しいと思わせるのがランディングページの重要な役割です。もう一度、ターゲット層の消費者の立場に立ち、訴求力や見やすさを確認してみることも大切です。

LTV(ライフタイムバリュー)を意識する

ライフタイムバリュー(LTV)とは、ターゲット層の満足度が高くなることでファンとなり、大きな利益を与えてくれるようになる循環を指します。リスティング広告により獲得した新規顧客を、一時的な顧客として終わらせるのではなく次に繋がるような施策をすることも大切です。こうすることで自社のファンが増えて、自然と利益も増加していく仕組みを作ることができます。

完全一致・除外キーワードを上手に細かく行う

リスティング広告は、キーワードなどの細かい設定を自分自身で行うことができることもメリットのひとつです。中でも、費用対効果を高めたい場合にはキーワードに関する設定を細かく行うことがおすすめです。例えば、完全一致キーワード設定や除外キーワード設定をすることで、より細かくターゲット層を指定することができます。

効果的なリスティング広告の運用を

リスティング広告は自分自身でさまざまな設定ができるためしっかりとターゲット層を絞ることができれば、新規顧客の取得に有効な方法です。リスティング広告の運用とランディングページの訴求力を高めて、効果的にリスティング広告を運用してみましょう。また、定期的に効果測定を行うことで改善方法を分析することも可能です。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です!
みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます