退職前に考えよう!フリーランスの健康保険ってどうすればいいの?


フリーランスになる前に考えておかなければならないのは、健康保険をどうするかということです。IT系の職種のフリーランサーでも加入できる健康保険がありますし、国民健康保険にも加入できます。これまでに所属していた会社の保険を一定期間継続してもらうこともできます。どれがいいのでしょうか。この記事で詳しく解説いたします。

健康保険とは


会社に勤めているときは、会社を通して保険制度に加入できますが、フリーランサーはそうはいきません。個人で加入の手続きをしたりする必要があります。そもそも健康保険とはどんな制度なのでしょうか?フリーランサーが加入できる健康保険にはどんなものがありますか?会社を退職する前に、健康保険の基本についておさらいしておきましょう。

健康保険って?


健康保険は、病気やけがをしたときにかかる費用の一部を国や会社が負担する制度です。健康保険の加入者は、原則的に医療費の3割のみの費用を負担することになります。3歳未満は2割負担、70歳以上は1割負担になります。会社に勤めている場合は、会社が加入している保険組合に加入します。それ以外の場合は、一般的には国民健康保険に加入します。

健康保険に入るメリット


病気やけがなどの際にかかる医療機関に支払う費用は、健康保険に加入しているとその3割の費用の負担だけでよいことになります。また、世帯の年間の医療費が高額になってしまう場合にも、世帯の収入の額に基づいて払い戻しを受けることができます。また、「出産育児一時金」という制度があり、加入者やその世帯家族が出産した場合に約40万円の給付を受けることができます。
さらに、会社が加入している社会保険では、病気やけがのために会社を休むことになり給料がもらえなくなったり減額されることになったりする場合に、「傷病手当金」を受け取ることができるようになっています。

会社を辞めたら保険はどうなるの?


会社を通してこれらのメリットを享受できていましたが、フリーランサーとなっては、これまでと同じようにはいきません。退職する際に、社会保険からも脱退する手続きが取られ、保険者証も会社に返却しなければなりません。
脱退して保険者証を返却したら、医療機関などに提示できる保険証がないため、診療時の費用の全額負担させられることもあります。すぐに国民健康保険に加入する手続きをして、自己負担分との差額を請求することができます。

フリーランスの保険ってどうするの?


会社の社会保険からの脱退ののち、会社で勤める人以外のための個人で健康保険に加入できる制度があります。フリーランサーになるのであれば、これらの制度にも精通している必要があります。
これまでずっと会社に勤めていた方で、今回はじめてフリーランスとして独立に挑戦される方であれば、保険について検討しなければならないということは相当悩みのタネになってしまうことでしょう。自動的に会社が払ってくれていた保険料も、自宅に保険料の請求書が届くようになり、自分で払い込みの手続きに行かなくてはなりません。

フリーランスの健康保険は高い?


では、会社の保険組合と違って、国民健康保険に加入するとなると、どれだけの負担になるのでしょうか?保険料は自治体によって異なるため一律ではないですが、フリーランサーの収入額から経費の額を差し引いた事業収入の額に応じて計算され、年間約20万円から40万円ぐらいの負担額になります。家族が多いと保険料も多いですし、40歳以上の家族がいると介護保険の保険料もかかるようになるため負担額が増えることになります。

会社の健康保険に加入していたときと比較すると、少し割高になってしまうケースがほとんどです。

フリーランスの健康保険は経費になるの?

では、フリーランサーが支払った国民健康保険の保険料は、経費として計上できるのでしょうか?個人で経営することになるため、節税にはシビアに対応していきたいところです。大きな負担額になってしまう健康保険料も経費になるなら少しは節税になるかもしれませんね。しかし、それは不可能です。国民健康保険の保険料は、個人事業の経費とすることはできないのです。個人事業ではありますが、保険料は、事業とは関係ない個人の出費として分類されるものです。

事業の経費にはなりませんから、収入の額には含まれてしまいます。しかし、所得の計算の際には保険料も差し引いて計算されます。所得は、所得税や住民税の算出の基となる額です。ですから、結果として国民健康保険料を支払っていると、税金の額を下げることにはなります。

フリーランスが加入できる健康保険

では、フリーランスになったらどのような保険制度に加入できるのでしょうか。これまで述べた通り、会社の社会保険から脱退したなら、国民健康保険に加入することができます。ほかにも選択肢があるのでしょうか?IT系の職種のフリーランサーには、業界団体の保険組合があり、個人でも加入することができます。その他にも、会社の保険組合の健康保険を退職後の一定の期間だけ継続して加入することができる制度があります。では、詳しく解説していきましょう。

文芸美術国民健康保険

IT系の職種のフリーランサーなら、「文芸美術国民健康保険組合」の健康保険に加入する資格がある場合があります。この保険組合は、芸術に関する職種に属したフリーランサーが加入することができる保険組合です。デザイナー、ライターなどが該当します。システムエンジニアもWEBデザインに携わることがありますから当てはまることもあります。アフィリエイターも、WEBサイトのデザインを扱いますから当てはめてもらえるかもしれません。

保険料は、家族の人数に合わせて一律で計算されます。収入の額は問われません。国民年金保険の保険料と比べると、半額以上安くなることもあります。高収入を確保できているフリーランサーなら、この健康保険を選択すれば断然お得に健康保険に加入できます。

任意継続

勤めていた会社を辞めて、フリーランサーとして独立して働くという場合には、会社の保険組合に「任意継続」として、一定の期間加入を継続させてもらえる制度があります。

任意継続の手続きの条件は、会社の健康保険の脱退手続きまでに2ヵ月以上の加入期間があることと、保険の資格を失ってから20日以内に任意継続の申請をすることです。申請が受理されると、2年間加入を継続できます。保険料は都道府県によって若干の差がありますが、会社に勤めていたときの収入額のだいたい10%です。勤めていたときよりは保険料が増額になってしまいますが、国民健康保険と比較するとはるかに負担が軽いといえるでしょう。

ただし、2年間のみという期間の制限がありますから、早めに次の対策をしておかないと国民健康保険に加入せざる得ない事態になってしまいます。

国民健康保険

最後の手段として、国民健康保険に加入することができます。他の方法に比べて保険料の負担が高額になってしまうため、できるだけ他の方法で加入することを目指すべきです。しかし、収入が確実に得られず所得が低い場合は、前述の文芸美術国民健康保険より保険料が安く収まる場合もあります。だいたい年間の所得額が300万円に達しない場合は、国民健康保険の方が安い可能性が高いです。

また、自治体によって国民健康保険の保険料が異なるわけですが、世帯の構成によってはこの差が倍ほどになる場合もあるようです。保険料の安い自治体に引っ越してしまうというのも、フリーランサーならありなのかもしれませんね。

自分にあった保険を見つけよう!

ここまででご説明いたしました通り、IT系の職種のフリーランサーには、3つの選択肢があります。収入の額などに合わせてどれがお得になるのかも変わってきますから、よく見極めて加入手続きをすることをおすすめします。

カラダが資本のフリーランサーだから、万が一のときに助けになってくれる保険制度について詳しく知って、上手に利用できるようになりたいですね。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です! みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます