時間のない主婦にぴったりの在宅ワークという働き方!求人サイトもご紹介



家事や子育てがあって、なかなかパートに出る時間がないという主婦の方は日本全国多いのではないでしょうか。だけど欲しい服や遊ぶためのお金、将来に備えた貯蓄のために少しでもお金を稼ぎたいところ。そんな方におすすめなのが在宅ワークです。ほぼ自宅で完結できるので、家事や子育てをしながら空いた時間に仕事ができます。今回はそんなちょっと興味はあるんだけどなかなか難しそうな在宅ワークについてまとめてみました。

在宅ワークとは

在宅ワークとは、言葉の通り「自宅にいながら仕事をする」というワークスタイルのことを指します。企業に勤務するのとは違い、クライアントから案件をオンライン上で受託する働き方です。仕事の内容も様々なものがあり、データ入力やアンケートの記入などの簡単な仕事から、HPやWEBサービスを開発するという高度な業務まで多岐に渡ります。

在宅ワークってぶっちゃけ稼げる?

おそらく一番気になる疑問なのが、「稼げるのか」ということだと思います。稼ぎたい基準は人により違いますし、使える時間もマチマチなので一概には言えませんが、特別なスキルがなくても月数万円程度なら工夫次第で可能だと言えます。

在宅ワークと内職の違い

そもそも「在宅ワーク」と「内職」は似て異なるものです。厚生労働省が定義する内職とは「製品の加工をする仕事」で、一方在宅ワークは「パソコンや携帯電話といったモバイルツールを使う仕事」と定義されています。具体的な例を出すと、内職は製品の組み立てやダイレクトメールへのシール貼りなどで、在宅ワークはWEBメディアの記事執筆やHPの制作・システムの構築などが挙げられます。

法律の違い

在宅ワークと内職をするのでは適用される法律が違います。内職に従事している人には「家内労働方」という法律が適用され、立場の弱い仕事を請け負う側の利益が保護されています。ただし、在宅ワーカーにはそれに該当するような法律はありません。イメージでいうと、内職はサラリーマンで在宅ワーカーは個人事業主のような扱いだと思ってください。

報酬の違い

内職と在宅ワークのどちらとも、バイトやパートとは違い拘束時間ではなく出来高によって給料が払われるのは共通しています。しかしその給料の額にはかなりの差があります。内職は登録する会社によって報酬額は違うのですが、1つ組み立てたら1円などと報酬が決まっており、かかった時間を時給に換算すると、300〜500円程度にしかならないということが多いそうです。在宅ワークでは、何の仕事をするかによって報酬額はピンキリです。特別なスキルがいらないwebライターの仕事では時給500円程度になることもありますが(報酬が1文字0.3円、1500~2000文字を1時間で終わらせた場合)、システムエンジニア等になると時給3000円以上の仕事も多くあります。

在宅ワークのメリット

自宅にいながら仕事と家事を両立できる

やはり、主婦にとっての一番のメリットはきっとこれでしょう。例えば夫と子供が会社や学校に行っていて暇な時間帯、子供の送迎の待ち時間など、スキマ時間を活用してお金を稼ぐことができるのは在宅ワークならではの特権と言えます。

人間関係に悩まない

ほぼ全ての仕事が在宅でできるのでめんどくさい人間関係に疲れることも無くなります。仕事中は基本的に一人なので誰かに気を使う必要がなく、業務に集中することができます。

スキルを高めていけば収入に上限がない

在宅ワークは良くも悪くも自分の持っているスキルが収入に直結します。例えばWEBデザインのスキルを身につけてHP作成の依頼を2~3件こなしたら月の収入が40万円を超えることなんてざらにあります。

上記の画像はクラウドソーシングサービスを提供している“Lancers”に掲載されている仕事の依頼です。お店のサイト作成の依頼ですが、20万円から30万円という破格の報酬になっています。

在宅ワークのデメリット

最初のうちは収入が低くなりがち

最初から何か特別なスキルを持っているという方以外は、アンケートの記入や記事作成代行などの簡単な仕事から始めることになると思います。そういった仕事の多くは報酬は低めに設定されることが多いです。そこは需要と供給なので仕方がないです。
また、仕事以外で忙しくなり、あまり仕事ができなかった月は収入がガクッと下がってしまいます。拘束時間によって給料が発生するパートとは違い、完全出来高の個人事業主は収入が安定しにくいです。

黙々と作業するのが苦手な人には向かないかも・・・

在宅ワークでは基本的に1人でパソコンを使った業務になることが多いので、パソコンで黙々と作業することよりも人と接する仕事の方が好き!という人はあまり在宅ワークには向かないかもしれません。またモチベーションを保つような工夫をしないとついついサボってしまいがちです。

スキルを活かそう!在宅ワークの種類

ライティングを活かした仕事

ライター

在宅ワークでもっともオススメなのがライターのお仕事。プログラミングやデザインなどの専門的なスキルは必要なく、パソコンとネット回線があればすぐに始めることができます。ただ、誰でもできる仕事というだけあって、報酬は低く設定されることが多いです。最低でも1文字0.5円~の仕事を受けるようにすれば、月数万円程度なら無理なく稼げると思います。

ブログアフィリエイト

ライターの仕事を経験して、ライティング能力が向上したらアフィリエイトに挑戦してみるのも1つの手です。アフィエイトというのは、ブログを書いてサイドバーなどに広告を掲載して広告料をもらうというビシネスモデルのことです。単発のライティングの仕事とは違い、最初は全くお金にならないですが、ブログのPV数が増えて沢山の人が広告をみてくれるようになると継続的な収入に繋がります。

デザインスキルを活かした仕事

ロゴ・チラシ・パンフレット等の作成

デザインスキルがあればできる仕事の1つにロゴやチラシ、パンフレット等のデザインをする仕事があります。報酬の単価は案件によりマチマチですが、ライターと比較すると報酬は高い傾向になります。また後述するHTML・CSSなどのコーディングとセットで依頼されるケースが多いです。

プログラミングスキルを活かした仕事

HP制作

HTMLやCSSなどのプログラミング言語(厳密にはマークアップ言語と言います)の知識があれば、HPを作成するという依頼を受けることもできます。プログラミングスキルを用いた仕事となると、需要がかなりあるのでライターとは比べ物にならないほどの報酬がもらえるようになります。低くても1つの案件での報酬が5万円に設定されていたりと(5万円でもかなり低い方です)このラインから夫の収入を超えることも夢じゃなくなってきます。

アプリ開発

アプリ開発はより高度で専門的な知識が必要になってきます。Android用のアプリだとJava、iOS用のアプリだとswiftというプログラミング言語を扱えるようにならないといけません。HP作成の依頼と比較してもより高額な報酬がもらえます。

エクセル等のOfficeスキルを活かした仕事

データ入力

エクセルなどの表計算ソフトを使って指定されたデータをひたすら入力するという依頼もあります。これもライター同様、特別なスキルはいらないので初心向けの在宅ワークと言えます。しかし、例によって報酬は低めに設定されているので別のスキルを並行して身につけると良いかもしれません

VBAを使った高度な分析

VBAとはVisual Basic for Applicationsの略で、プログラミング言語のひとつです。VBAを使えると何ができるのかというと、例えば上記に書いたデータ分析の作業をパソコンが自動でやってくれるようにプログラムを組むことができます。その他にも沢山の便利なプログラムを作成することができるようになるので、VBAを使った依頼も報酬は高めの傾向があります。

求人サイトを活用しよう!

mamaworks


mama worksのHPはこちら
mama works(ママワークス)は、株式会社アイドマホールディングスが運営する求人サイトです。主婦・女性をターゲットとしており、時短・在宅OKの案件が多いのが特徴です。

Indeed


indeedのHPはこちら
indeedは転職エージェントとは異なり、シンプルに求人情報に特化した検索エンジンです。運営会社はindeed.incというリクルートホールディングスの子会社です。
様々な求人情報を網羅しているので便利ですが、転職エージェントではないので応募や採用に関しては直接募集先企業に問い合わせる必要があります。

クラウドソーシングを利用しよう!

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、ネットを介して不特定多数の人間に業務を発注することを言います。直接あって打ち合わせなどをすることなく、依頼から納品まで全てネット上で完結するのが特徴です。在宅ワークで収入を取ろうと考えているなら絶対にチェックしないといけないサービスです。

国内では以下で紹介する「ランサーズ」と「クラウドワークス」の2強になっています。
そのほかにも3つクラウドソーシングのサービスを提供しているWEBサイトを紹介しているのでそれぞれの相場観や案件の特徴などを見比べてみると良いかと思います。

Lancers(ランサーズ)


LancersのHPはこちら
言わずとしれたクラウドソーシング最大手の会社です。掲載されている案件の数は他社と比べても圧倒的です。

Crowd Works(クラウドワークス)


Crowd WorksのHPはこちら
ランサーズと同じく最大手の1つです。ランサーズと比べても遜色ない数の案件が掲載されています。

サグーワークス


サグーワークスのHPはこちら
サグーワークスはランサーズやクラウドワークスとは違い、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。上記の2社に比べ、登録者数がまだ少ないので競合性が低いと言えます。

REPO(ルポ)


REPOのHPはこちら
サグーワークスと同じく、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。報酬の最低額が決まっているので初めての方でも安心できます。

最後に

いかがでしたか?
一見難しそうに見える在宅ワークですが、特に特別なスキルがなくてもできる仕事はたくさん有るのだということがわかったのではないでしょうか?家事や育児で忙しくて働くことができない、という方はぜひ在宅ワークを初めてみてはいかがでしょう。最初はお小遣い程度の収入にしかならなくてもしっかりとスキルを磨いていけば夫の収入を超えることも不可能ではないかもしれません。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学ライター / 趣味はカメラとギターと麻雀です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする