在宅ワークとは?学生や主婦向けの自宅でできるお仕事をご紹介!


主婦や学生の方など、家事や育児、学校の都合などで決まった時間帯に出勤して仕事をするのが難しい方にぴったりな働き方が在宅ワークです。ここでは、在宅ワークって何?という基本的なことから、仕事の種類、メリットやデメリット、自宅でできるお仕事の紹介など、在宅ワークについて詳しく紹介していきます。

在宅ワークとは

在宅ワークとは、在宅=自宅に居ながらパソコンなどの通信機器を使って、さまざまな仕事を請け負いサービスを提供することです。決まった時間に出勤する必要がないため、家事や育児、学校の合間など、自分の都合に合わせて仕事をすることができます。また、会社の規則が許すならば副業としてもおすすめの働き方です。ここでは在宅ワークについて、仕事の種類やメリットやデメリットといった基本的なポイントについて紹介していきます。

在宅って?

在宅で働く形態ととしては、古くから家内労働(内職)があります。家内労働も在宅ワークも「自宅で自分の都合に合わせて仕事をする」という点は同じですが、家内労働の場合、委託者から部品や材料の提供を受け、自宅を作業場として物品の製造や加工を行い、それに対する工賃を得る「労働者」と定義されています。一方、在宅ワークの場合は、請負契約に基づいてパソコン等でサービスを提供し、納品後に発注者へ報酬を請求します。内職の場合は「家内労働法」によって、工賃の最低額や衛生面の最低基準といった労働環境が守られています。在宅ワークは現在のところ厚労省のガイドラインがありますが、法的には守られていないのが現状です。

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリットは、何と言っても自分の都合に合わせて働けるところです。基本的に自分1人で仕事をするので、自分好みの作業空間を整えることも可能。また、仕事上の連絡はメールや電話等で行うことが多いため、人とのコミュニケーションを最低限で済ますことができます。デメリットとしては、自分が求める仕事内容や仕事量を確保できる保証がないことです。繁忙期や閑散期など、クライアントのニーズに影響されるため、安定して仕事を得るのば難しいケースがあります。そして仕事は原則として納期厳守のため、急病の際には辛いことがあるかもしれません。また、報酬の管理は全て自分で行うため、確定申告など、税金に関する手続きをする必要があります。

在宅ワークの種類

在宅ワークは「パソコンなどの通信機器を使ってさまざまな仕事を請け負い、サービスを提供する」という業務です。具体的な種類としては、データ入力、記事作成やライティング、ホームページ制作、イラスト、デザイン、文字起こし、プログラミング、システム開発など、特別なスキルを必要とせず、タイピングが出来れば誰でもできるものから、専門的な知識が必要となるものまで、さまざまな種類の仕事があります。また、パソコンが苦手な方には、宛名書きや礼状代筆、梱包作業といった事務作業の募集もあります。まずは、自分が興味のある仕事から挑戦してみると良いでしょう。

自宅でできるおすすめのお仕事紹介!

在宅ワークは顔を合わせずに業務ができるのがメリットです。そのため、信頼性の高い発注者から仕事を請け負うのが大切になってきます。インターネットで在宅ワークについて検索すると、「短時間で高収入」「月収50万円も可」など甘い言葉を見かけることがあります。中には、登録料を請求してきたり、高額なソフトなどを購入させられたというケースもあるため、実績のあるサイトを見極めることが必要。ここでは、自宅でできるおすすめの仕事やサービスを紹介していきます。

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズのHPはこちら

2008年に設立されたランサーズは、「仕事を依頼したい人」と「仕事をしたい人」が出会うクラウドソーシングサービスを展開しています。ホームページ制作やアプリ、システム開発、ライティング、タスク・作業など141にもおよぶカテゴリーの仕事が掲載されています。専門的な知識が必要なハイレベルな仕事はもちろん、経験やスキルに自信がなくても挑戦できる仕事まで、幅広い仕事が用意されています。ランサーズ上に仕事を依頼している発注者は、ランサーズに報酬を仮払いをする仕組みになっているため、仕事に対する報酬の未払いもなく安心して仕事をすることができます。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスのHPはこちら

クラウドワークスはランサーズと同様にWeb上で仕事のマッチングを行うクラウドソーシングサービスを展開しています。仕事の内容や仕組みはランサーズとほぼ同様で、オンラインで対面することなく仕事を完結させることができます。会員登録をしなくてもどのような仕事があるのかを見ることが出来るので、興味がある方はサイトを覗いてみるのがおすすめです。また、クラウドワークスは獲得した報酬を501円以上から最短3営業日以内に口座振り込みに対応してくれます。こまめに報酬を出金したいという方にはおすすめです。

ココナラ

ココナラ

ココナラのHPはこちら

ココナラは、自分の知識やスキルを500円から売り買いできるオンラインマーケットです。キャッチコピーを考案したり、イラスト作成や本格的な占い、得意分野に関するアドバイスなど、自分が得意とするジャンルで報酬を獲得するチャンスがあります。自分がオンライン上で出来ることを1回500円のサービスとして出品し、必要としてくれる方に購入してもらうことで成立します。サービスのやり取りは非公開で匿名OK。売上げの受け取りは、ココナラのサイトが仲介するため安心して取り引きをすることができます。

シュフティ

シュフティ

シュフティのHPはこちら

2007年にサービスを開始したシュフティは、クラウドソーシングサービスが浸透する前から運営されている老舗のサイトです。主に事務作業やライティング、翻訳やデザインなどおよそ60種類の仕事を受注することができるサイトです。宛名書きや礼状代筆、梱包作業など、パソコンのスキルに自信がないかたでも挑戦できる仕事も多く取り扱っているのが特徴です。チャットでの質問受付や電話やメールで担当者が個別に対応するなどサポート体制が充実しています。また、スマホサイトもあるので、隙間時間を有効に活用してこまめに稼ぐこともできます。

サグーワークス

サグーワークス

サグーワークスのHPはこちら

サグーワークスは、主に「文章を書く」お仕事を紹介しているクラウドソーシングサービスです。100文字程度の簡単なテキスト作成から、1000文字から8000文字までの本格的なライティング案件までさなざまな種類の「文章を書く」お仕事があります。報酬はポイントとして受け取ることができます。1ポイント=1円で、現金はもちろん、Amazonギフト券やiTunesギフトコードなどに交換することも可能です。「文章を書く」お仕事の他に、アンケートに回答してポイントを稼ぐサイトもあるため、移動時間やちょっとした隙間時間を有効活用したいという方にもおすすめです。

自分に合った仕事を探してみよう!

在宅ワークについて、メリットデメリットや仕事の種類といった基本的な情報から、おすすめの在宅ワークのお仕事などを紹介してきました。在宅ワークは自分の空いている時間を有効活用できるワークスタイルです。まずはここで紹介したクラウドソーシングのサイトなどに目を通し、興味がある仕事をピックアップしていくのがおすすめ。色々と挑戦しながら自分に適した仕事を探してみてはいかがでしょうか。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です! みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます