フリーランスなら知っておくべき青色申告!おすすめソフトもご紹介


フリーランスとしてバリバリ活躍するために必要な、確定申告の際の青色申告についての基本的な情報をまとめています。青色申告とは何か?どんなメリットがあるか?青色申告をするために何が必要となるか?白色申告との違いは何か?どんな青色申告のためのソフトウェアがあるか?について詳しくお伝えします。

青色申告とは?


青色申告とは、所得税の確定申告の際に作成する書類です。会社に勤めているのであれば、確定申告の書類作成や役所への提出などの手続きは、会社が行ってくれる事務なのですが、フリーランスの場合はそういうわけにはいきません。自分で書類を作成し、役所に届けるところまで行なう必要があります。自分でしないといけないのであれば、少しでも得できるテクニックを覚えておくなら、役に立つと思われませんか?

青色申告って?

所得税の確定申告の方法は2種類あり、それぞれ「青色申告」、「白色申告」と呼ばれています。白色申告は簡単に作成できるように考慮された書類ですが、青色申告は白色申告に比べて、書類の作成に手間がかかります。しかし、それをはるかに上回るメリットがあり、多くのフリーランスの方々が青色申告で確定申告をしています。

青色申告と白色申告のやり方の違い

青色申告も白色申告も帳簿を付ける必要があります。提出する決算書は、青色申告の場合は「青色申告決算書」で、白色申告の場合は「収支内訳書」です。青色申告のときだけ、申告した事項の承認が必要になります。
2014年以前は、白色申告では帳簿を必要としない場合もありましたが、現在では白色申告でも必要です。この調整によって、青色申告と白色申告の帳簿付けの手間の差がとても小さくなりました。それでも、まだまだ青色申告の方がたくさんの書類を扱う必要があります。

青色申告と白色申告のメリット・デメリット

青色申告で確定申告することについてご説明しました。これまでのところで、青色申告を選択した方がだいぶ得だな!と思われたのではないでしょうか。それでも、青色申告にも白色申告にもそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらの申告方法を選べばいいのでしょうか?ここでは、双方のメリットとデメリットを解説します。

青色申告のメリット・デメリット

特別控除
青色申告を選択して、正しく帳簿を付け、書類を期日内に提出すると、65万円を利益から差し引くことができます。青色申告を選択しただけでも、10万円の控除があります。

経費の計上
30万円以下の経費であれば、一括で経費として計上することができます。通常は減価償却の対象となるものでも、青色申告なら特別に扱ってもらえることになっています。

赤字の繰越
通常は前年度が赤字でも当年度の利益のみを対象にして所得税が課せられますが、青色申告の場合は3年前の赤字までさかのぼって利益と相殺できます。

複式簿記の帳簿付け
デメリットはやはり、帳簿を毎日つける必要があるということです。数十万円分のメリットがありますが、帳簿を付けていないと青色申告が承認されることはありません。

白色申告のメリット・デメリット

簡単
白色申告でも帳簿を付ける必要がありますが、青色申告と比較するとずいぶん簡単な帳簿付けだけで大丈夫です。

特別控除がない
白色申告の場合は、特別控除が一切ありません。

赤字の繰越もない
白色申告の場合は、前年度の赤字を当年度の利益に相殺させることはできません。

減価償却
白色申告では、1年以上使用する10万円以上の備品を購入した場合には、減価償却資産として扱うことになり、青色申告の場合のように全額を経費として扱うことはできません。

青色申告するために必要なことは?

青色申告に必要な書類は、2点あります。

青色申告決算書
この書類は4ページあります。最初のページは「損益計算書」で、売上や経費の内訳などを記します。次のページは「損益計算書」の明細で、月ごとの売上や仕入や給与額などを記します。3ページ目も「損益計算書」の明細で、減価償却する経費や家賃などを記します。最後のページは「貸借対照表」で年度の始めと終わりの資産や負債の額を記します。

確定申告書B
青色でも白色でもフリーランスの方は、この書類を使います。マイナンバーカードの写しなどを添付する必要があります。

おすすめの青色申告ソフト5選!

では、青色申告で確定申告をする際に役立つ確定申告のソフトウェアのおすすめをご紹介しましょう。確定申告ソフトには、大きく分けて「インストール型」と「クラウド型」があります。それぞれのメーカーがこだわった使いやすさの便利機能や、金融機関などの外部データとの連携の機能があります。では、5つのソフトを見てみましょう。

「やよいの青色申告 17」

やよいの青色申告 17

やよいの青色申告のHPはこちら
最初にご紹介しますのは、会計ソフトの「弥生」の「やよいの青色申告 17」です。はじめて青色申告をするという方にも分かりやすいようにシンプルにデザインされています。それでも、帳簿作成の手間を減らすためのたくさんの機能を搭載して、便利に使うことができます。アフターサービスもトップクラスで、電話でサポートセンターに尋ねることができ、安心して使えます。

「確定申告ソフト Freee」

確定申告ソフト Freee

確定申告ソフト FreeeのHPはこちら
つづいてご紹介しますのは、「Freee」の「確定申告ソフト Freee」です。こちらは、クラウドで青色申告ができるソフトです。銀行口座情報やクレジットカード情報などと連携し、データを転記することなく情報をソフトに集めることができます。また、領収証をスマートフォンのカメラできれいに撮影したら、このソフトが何をいくらで買ったかを自動で読み取り、分類までもしてくれる優れた機能もついています。

「MFクラウド確定申告」

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告のHPはこちら
次にご紹介するのも、クラウド型のソフトです。「マネーフォワード」の「MFクラウド確定申告」は、フリーランスで働く方々のワークスタイルに合った会計ソフトとして、クラウド型のソフトを提供しています。時間や場所を問わず利用できるため、決まったパソコンの前に座って会計資料を整えるといった必要がなくなっています。e-Taxにも対応しており、フリーランスの働き方にマッチしたソフトといえるでしょう。

「みんなの確定申告 18」

みんなの確定申告 18

みんなの確定申告のHPはこちら
さらにご紹介しますのは、会計ソフトの老舗、「ソリマチ」の「みんなの確定申告 18」です。国内のほぼすべての金融機関のデータと連携できます。連携するだけでなく、自動で仕分けまでもされるので、正しいかどうかを確認するだけで、データ入力が完了してしまいます。デスクトップ型の強みである安定した動作もこのソフトが信頼されているポイントです。操作のナビゲーションやサポートも充実していて、学びながら使えるのがうれしいですよね。

「ツカエル青色申告」

ツカエル青色申告
ツカエル青色申告のHPはこちら
最後にご紹介するのは、「ビズソフト」の「ツカエル青色申告」です。スムーズに使えることを目指したこのソフト。データ連携の早さや、操作性の高い画面構成だけではなく、印刷される帳票の美しさにもこだわりを持っています。フリーランスの業種に合わせた項目設定もスマートに行なえ、事業の範囲が多彩であってもさまざまな形で対応してくれるソフトです。

青色申告ソフトを使って仕事に専念できる環境を整えよう!

フリーランスで働く方がお得に使える青色申告の情報をお伝えしました。領収書の整理や書類の作成といったちょっとした手間を惜しまないだけで、青色申告というお得な制度に加わることができます。また、データの登録をアシストしてくれる心強い青色申告ソフトについてもご紹介いたしました。ぜひとも、忙しいフリーランスの方にこの情報をご活用いただき、役立てていただければと思います。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です! みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます