今さら聞けない・・・フリーランスの確定申告を徹底解説!


確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得を計算して、翌年2月16日~3月15日の間に国へ「申告」することを言います。フリーランスは確定申告を避けては通れない道なので、これから独立を目指されている方の中には不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな確定申告についておさらいしましょう。

確定申告とは

個人事業主が確定申告を行わなければいけない理由は、国民の三大義務の一つである「納税の義務」果たす為です。確定申告は手続きや計算がかなり細かく、1から全て自分で計算するとなると膨大な時間がかかってしまいます。また会計で使うような専門用語がかなり頻繁に出てくるので、確定申告=メンドくさい、というようなイメージが定着しています。

国税庁HP

いくら稼ぐと申告しないといけないの?

1年間の収入から、諸々の経費等を差し引いた金額が「所得」になります。

そして、行なっている個人事業が専業なのか副業なのかでボーダーとなる所得額が異なります。

個人事業が専業

個人事業が副業

所得が38万以下の場合は申告の必要なし

所得20万以下の場合は申告の必要なし

それ以外にも申告の必要の有無はルールが決まっています。また、申告をすることによって、還付金が帰ってきてむしろプラスになる場合もあります。

申告が必要な人と申告するとおトクになる人

確定申告をする必要がある人

・個人事業を営んでいて、所得が年間38万円以上ある人

・副業での所得が20万円以上ある人

・給与の年間収入金額が2000万円以上ある人

・複数の会社から給与をもらっている人

確定申告をするとおトクな人

・中途退社等の理由で、年末調整を受けていない人

・ふるさと納税制度を利用した人

・医療費が10万を超えた人

・災害や犯罪などの影響で資産に損害が出た人

フリーターは申告しないといけない?

2箇所以上で勤務している人は必要です。また1箇所で勤務している人でも、年末調整していない場合も必要になります。

申告しないとどうなる?

ちなみに、申告しないといけない人が、申告の期限を過ぎてしまったり、そもそも申告をしなかったら、延滞税や加算税という罰金が課されます。また、融資の審査を受ける際にはかなり大きなマイナスポイントになってしまうので、資金調達を考えている方は、延滞は絶対に避けるようにしてください。(融資を受ける気が無い方もしっかり申告しましょうね)

どこまで経費で落ちるか

めんどくさく思う人も多い確定申告という作業ですが、経理の知識を身につけている人からすると、実はフリーランスのみに与えられた非常に美味しい制度だったりします。

確定申告を会社が行なってくれるサラリーマンやアルバイトなどの給与所得者であれば、パソコンやペンや手帳などの消耗品、セミナーなどの勉強代は自腹で払わなければいけません。(会社が負担してくれる場合もあるかもしれませんが)

しかしフリーランスという働き方であれば、仕事に必要でお金を払ったものは「経費」として計上すればその分の税金が安くなったりします。

そもそも経費とは

経費とは仕事をこなすのに必要だったお金です。分かりすいように例を出してみましょう。

例えば、あなたがフリーのWEBデザイナーだったとします。

受注していた仕事を終え、お客様にWEBサイトを納品しました。その報酬として10万円が自分の口座に振り込まれましたが、その仕事をするまでに、お客様と打ち合わせ(カフェ代500円)をしたり、サイトに使う写真を撮影(交通費2000円)しに行ったり、プログラミングを学ぶための本(1000円)を買ったりなどのお金がかかっていました。

普通の会社員だったら仕事をするために必要だった勉強料は自分で払わなければいけません。

ところがフリーランスの場合は、仕事をするために「必要な出費」なので経費として認められます。ただ、経費はすぐに戻ってくるわけではなく、確定申告をするときに1年間分の経費をまとめて自分の支払うべき税金から引かれます。

自宅が作業場の場合は家賃も経費で落ちる!?

最近はネットの発達やアウトソージング(ランサーズやクラウドワークス)の浸透によって、家にいながらも仕事ができる時代になってきました。フリーのライターやデザイナー、エンジニアの中には、普段自宅で仕事しているという方も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが「家賃も経費になるのか」という疑問。

前述した通り、仕事をする上で必要だった出費が経費として認められます。家がオフィス代わりみたいなものなので一見すると経費になりそうですが、実際のとこはどうなのでしょう?

その答えは・・・

家賃は経費として認められます!

※ただし条件あり

自宅兼オフィスの場合の家賃や電気代などは経費として認められます。ただし、経費になるのは仕事に関わる部分だけです。つまり、仕事とプライベートでどのくらいの割合で使っているかを計算する必要があります。この計算を按分(あんぶん)と言います。

家賃は床面積、インターネット料金・電話料金は使用時間、電気代は使用時間かコンセントの数、ガソリン代や駐車場代は走行距離か使用した日数などの項目別に按分します。

家賃

仕事で使ってる床面積

インターネット料金・電話料金

仕事で使った時間

電気代

仕事で使った時間orコンセントの数

ガソリン代・駐車場代

仕事で使った日数or走行距離

具体的な按分例

※住宅ローンは経費にならないので注意!!
賃貸物件の家賃は上記の通り経費になりますが、持ち家の住宅ローンは経費にすることはできないので注意してください。

確定申告の準備

それでは早速、確定申告の手続きの流れや必要な書類などを確認していきましょう!

大まかな流れ

1.「申告書を入手する」

まずは申告書を手に入れましょう。

確定申告書にはAとBがあります。確定申告書Aはサラリーマンや年金受給者、住宅ローン控除を受ける方が対象なので、フリーランス・個人事業主の方は確定申告書Bを入手しましょう。(白色申告、青色申告どちらとも)

白色申告と青色申告の違いについてこちらを参考にしてください。

2.「申告に必要な書類を確認」

申告に必要な書類はこちらです。

・確定申告書B

・各種控除関係の書類

・源泉徴収票(給与所得があった場合)

・収支内訳書(白色申告の場合のみ)

・青色申告決算書(青色申告の場合のみ)

3.「申告書を作成&提出」

上記の書類を作成し、管轄の税務署に提出します。期限は3/15です。

収支内訳書では、その年の売上や仕入、人件費、通信費、雑費などを記入して所得金額を計算します。

青色申告決算書は、事業の収支や資産状況などを記入する書類です。

「損益計算書」「損益計算書の内訳×2枚」「貸借対照表」全4枚で構成されます。

収支内訳書と青色申告決算書は、税務署で受け取るか国税庁のHPからダウンロードすることが可能です。

国税庁HP

4.「所得税の納付or還付」

算出された金額に基づいて所得税を納付します。

自分で納付する場合は、3/15までに金融機関等に納付します。

振替納税をする場合は、4月中旬に引き落としされます。

確定申告は会計ソフトを使おう!

これまで確定申告について書いてきましたが、これを全て手書きで書くのはかなり膨大な時間を割いてしまいます。

そこでオススメするのが会計ソフトです。

会計ソフトをうまく活用すれば、面倒な確定申告の作業もかなり効率よく終わらすことができます。

また普段の経理事務の作業効率も圧倒的に改善されるでしょう。

クラウド会計ソフト『Freee(フリー)』がスゴイ!!

クラウド会計『Freee』とは、従来のインストール型とは違いインターネットが繋がっていれば誰でも利用できるというクラウド型の会計ソフトです。

『Freee』のスゴイところは、簿記の知識がなくても直感的に扱え、誰でも簡単に始められるところにあります。

会計知識の少ない初心者でも使えて、かつ帳簿を自動で作成してくれるという親切設計も加わり、フリーランスや個人事業主などのスモールビジネスを展開している層に圧倒的な人気があります。

クラウド会計ソフト『freee』HP

確定申告を爆速で終わらせるのに最適なツール

せっかくなので筆者もFreeeの会員登録をして使ってみることにしました。

会員登録が終わると上のような画面になります。

使用感を試すために売上と費用を記入してみました。カーソルを合わせると勘定科目の一覧が出てきてくれるので、初心者にはありがたい機能ですね。シンプルなインターフェースなので直感的に操作ができます。

Freeeで確定申告するには?

シンプルな入力操作だったので、これなら普段の経理業務もかなり楽になりそうです。

本題の確定申告の作業はどうなのでしょうか?

実は、筆者が数ある会計ソフトの中から『Freee』を推している最大の理由が、確定申告を超簡易的に進められるからなんです。

メニューバーにある確定申告をクリックします。そうすると…

「今年の確定申告は質問に答えるだけで完了」という衝撃的な事実が記載されています。

これなら普段からマメに帳簿をつけてさえいれば、確定申告なんて全く怖くありません!

クラウド会計ソフト『freee』HP

最後に

いかがでしたでしょうか?

面倒に思いがちな確定申告という制度ですが、実は税金を安くすることができたり還付金が返ってきたりと、悪いことばかりではないことがわかったと思います。

確定申告の手続きをする際には今回紹介した便利なツールなどを是非活用してみてください!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学ライター / 趣味はカメラとギターと麻雀です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする