法人口座開設で必要なものとは?ホームぺージを持つだけで口座開設がスムーズに!


起業を考えている方・起業したての方にとって、やっかいな手続きのひとつが銀行の口座開設。口座開設に必要なものがなにかわからない!という方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、法人口座開設には何が必要でどれくらいの期間がかかるのか、そして面倒な手続きを少しでもスムーズにするための方法をご紹介いたします。

法人口座とは?個人口座との違い

ATM
皆さんは自分の銀行口座をお持ちですか?持たれているという方の口座は「個人口座」の場合がほとんどです。個人口座は、個人が開く口座です。口座の名義は個人名であり、特に条件はなく誰でも口座が作れます。

一方、法人口座とは企業や法人が開く口座のことをいいます。融資を受ける際や取引を行う際、法人口座をお持ちの場合は大小規模を問わず取引ができます。
(個人口座の場合、信頼面などにより融資額が低くなる可能性もあります)。
法人口座の名義は法人名(企業名)となります。

法人口座のメリット・デメリット

では、法人口座を持つことにどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

・規模を問わず融資や取引ができる
・財務管理がスムーズできる
・信頼性

企業は信頼関係を築くことが重要です。
会社を持っているのに、個人口座での取引って少し不安に思いませんか?
このように取引先に不安を与えてしまうことで、取引にも影響を与えてしまう可能性もあります。また、この信頼性は取引だけでなく金融機関等からの融資にも必要となり、法人口座かそうでないかで融資額に制限がかかる場合もあります。
そこで、取引をスムーズに行うためにも法人口座を作り、信頼性を持たせることが重要となります。

デメリット

・手続きがめんどう
・審査が厳しい
・口座開設に時間がかかる

昨今、法人口座を悪用した詐欺が多発しており、どの金融機関も犯罪防止のため法人口座開設の審査が厳しくなっています。そのため、複数の書類による確認や企業の業務内容の確認などに時間がかかります。(個人口座の場合は必要書類や印鑑があれば即日開設できます)
また、複数の書類が必要となるため、書類集めや記入が大変・時間がかかるというデメリットもあります。

法人口座開設時に必要なものは?

法人口座開設の手続きに必要なもの

・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
・印鑑登録証明書(通称:印鑑証明書)
・身分証明書(運転免許証やパスポート等)

上記のものは、おおよそどこの金融機関でも必要となる資料です。
必要最低限、この3つは揃えておきましょう!

その他に必要となる場合があるもの

上記で紹介した 法人口座開設の手続きに必要となるもの以外にも、必要となるものがあります。金融機関によって異なりますが、こちらも用意しておいてくださいね。

・法人設立届書
・確定申告書
・事業計画書
・国税、地方税などの納税証明書
・ホームぺージ

法人口座開設までの流れと期間

ここまで読まれた方の中には、

「法人口座を開設するのに、こんなに必要なものって多いの!?」

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
個人口座を作ったことがある方は、特にそう思いますよね!
(個人口座の場合は、本人確認書類・印鑑・千円程度の現金だけで口座開設できます)

しかも、これだけ必要なものが多ければ書類集めにも時間がかかりますよね。それに加えて、近年の法人口座開設の審査は厳しくなっているというので、さらに時間がかかりそうですし…

では、いったいどのくらいのがあれば法人口座を開設できるのでしょうか?
法人口座開設までの流れといっしょに確認していきましょう!

法人口座開設までの流れ

法人口座開設までには大きく分けて2つのステップがあります。

まずは、手続きに必要な書類を取得することです。
仮に今回は、最低限必要な登記簿謄本と印鑑証明書だけを取得するとします。

登記事項証明書・印鑑証明書はともに法務局にて即日取得が可能です。
そのため、1日で両方取得することができるのです!
登記事項証明書は、法務局・オンラインで取得ができます。法務局で取得の場合は即日受け取ることができます。オンラインで取得の場合は、インターネットが利用できる場所ならどこからでも申請が可能ですが、郵送または登記所・法務局サービスセンターでの受け取りとなるため即日~2・3日かかる場合があります。
印鑑証明書を取得するには、印鑑カードが必要となります。印鑑カードは、法務局にて即日交付してもらえるので、お持ちでない方は印鑑証明書を取得する前にカードを発行しましょう。他にも必要な書類がある場合には、1日では取得できない可能性もあるので注意してくださいね。

口座開設に必要な書類が揃ったら、やっと法人口座開設の申請ができます。
しかし、口座開設は書類取得のようにスムーズにはいかないものです…。先ほどデメリットでもいったように、昨今では法人口座を悪用した犯罪防止のため法人口座開設の審査が厳しくなっています。そのため、審査に2週間ほどの期間を要します。

この2ステップから考えて、法人口座開設ができるまでの期間はおおよそ2~3週間というところでしょう!

※この想定期間は、登記完了・印鑑登録済みの状態で考えています。

ホームぺージを持っていると手続きがスムーズに?

先ほど、手続きに必要な3つのもの以外に、金融機関によっては他にも必要となる書類があることを紹介しました。それらは、業務内容を確認するために必要となるのです。
ただ、事業内容を報告するためにまた新たに書類を何枚も書いていくのって大変で面倒ですよね…

そこで!みなさんは、あるものを持っていれば面倒な書類を書かずに済むことを知っていますか?

実は、登記事項証明書などの他に提出しなければならない数枚の書類が、ホームページを持っているだけで提出不要となる金融機関もあります!

ジャパンネット銀行では、履歴事項全部証明書(登記簿謄本)・印鑑証明書・身分証明書のほかに業務内容を確認するものが必要となります。

ジャパンネット銀行のサイトはこちら

業務内容を確認する手段としては、ホームページのURLを入力するか書類を提出するかです。
ホームページをお持ちの場合には、URLを入力するだけ!とても簡単で楽な方法ですね。
しかし、ホームページをお持ちでない方は、<A>と<B>という2つの群から1点ずつ、つまり合計2点の書類を別途同封しないといけません。

登記事項証明書や印鑑証明書をとるだけでも面倒だな~と思われた方には、さらに苦痛の作業となります…

なので、ホームページを持っておくとこの余分な作業をしなくてすむのです!

業務内容を確認できるホームページを作ろう!

「ホームページを持てばいいなんて簡単に言うけど、お金も知識もないから作れない!!!」
なんて思っている方いらっしゃいませんか?

確かに、起業したての方に凝ったホームページを作れと言われても、ホームページ制作にそんなにお金と時間をかけていられませんよね。

ただ、ここ数年でホームページは自分で簡単に作れるようになりました!
しかも、無料から作れるサービスや、すこし凝りたい人には有料プランもありますがどれも低コストで始められます。

以下のことを書いていればどんなホームページでも大丈夫です。

・会社概要
・社名
・設立日
・代表者名
・所在地
・業務内容
・電話番号、メールアドレス

■ ホームぺージ作成サービス18選!初心者も簡単・無料で更新もできる
■ ホームページの作り方は?初心者でもわかるホームページ作成の基本

以前、ホームページ作成に関する記事を書いたのでこちらを参考に作ってみてはいかがでしょうか!

ホームぺージを作って手続きをスムーズにしよう!

いかがでしたか?
法人口座を開設するまでには書類集めや記入など大変な作業がたくさんです。少しでもその面倒な作業を短縮するためにも、あらかじめ業務内容が確認できるホームページを作っておくといいですね!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集者/ 趣味はお散歩です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする