【保存版!】クラウドソーシングって?収入はどれくらい?その全貌を一挙に解明!


今日、働き方が多様化する中で注目を集めているクラウドソーシング。今回は、そのクラウドソーシングについて、メリットデメリット、代表的なサービスの紹介、収入の現状など、その全容をご説明いたします。
興味はあるけど何から始めればいいのかわからないという方、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは
クラウドソーシングとは、ネット上で不特定多数の人(ランサー)に業務を発注することを指します。
ある仕事を任せたい人がネット上で依頼先を募集し、依頼を見つけた人が応募をするという形で取引が成立します。これら依頼や報酬のやりとりはすべてネット上で完結します。
いわゆる「ネットを使った在宅ワーク」であり、数値の入力など非専門的な業務から、アプリ開発など専門性を要する業務まで、幅広い取引が交わされています。
パソコン一台とネット環境があれば簡単に始めることができる画期的なビジネススタイルです。

クラウドソーシングの種類

クラウドソーシングには、いくつかの形態があります。

タスク

文字起こしやデータ入力など、比較的簡単な依頼。
スキルを要さない分、安価なことが多い。
短時間で完了できるため、スキマ時間を有効活用したい方におすすめです。

プロジェクト

アプリ開発や翻訳など、スキルを必要とする依頼。
プロジェクトの全工程を任されるのではなく、いくつかの作業のみを担当する例が多いです。

コンテスト

ロゴのデザインなどに使用されるコンペティション形式の依頼。
クライアントが複数の提案の中から気に入ったものを選ぶ方式です。
集まった提案の中から自分の作品が選ばれるとき、報酬が支払われます。

アイデア

Webサイトの改善案・サービス名など、クライアントの提示する要件に沿ったアイデアを提供するもの。
選ばれた際に報酬が支払われます。

クラウドソーシングのメリットデメリット

クラウドソーシング メリットデメリット

ランサー(仕事の受け手)にとって

メリット

〇仕事を自由に選べる
クラウドソーシングは得意な仕事のみを選んで受注することができるため、自分の強みを最大限に活かして報酬を得ることができます。
自分のやりたいことを好きなだけやることで、得られるやりがいも大きくなることでしょう。

〇好きな時間に、好きな量だけ働ける

仕事を始める時間も終える時間も自分で選ぶことができます。
スキマ時間をうまく使って仕事を受ければ、収入アップを期待できます。

〇営業や打ち合わせの手間を省ける

通常フリーランスとして働く際に必要な、人脈づくりのための営業・機会の設置などをすべて省くことが可能です。
そのため、働き始めるハードルがかなり低くなっています。

デメリット

〇相場が安い
発注者は依頼先を全面的に信頼しているわけではないため、条件のいい依頼数が少なくなってしまいがちです。
特に経験の浅い方の場合、稼ぎにくくなっています。

〇クライアントが信頼できるか見抜きにくい

顔が見えない取引相手となるため、相手が信頼に足るかどうか判断しにくいです。
時によっては、報酬に対して高すぎる質を求めてくるかもしれません。

クライアント(仕事の受注者)にとって

メリット

〇安価に効率よく仕事の依頼先を探すことができる
仕事を任せられる人員が不足した際に、効率的に人を探し業務を消化できるようになります。
特に月末や突発的な繁忙期などに活用することで、人を増員せずとも人手を得ることができます。

〇一つのプロジェクトにかける時間を短縮できる

作業を分担することで、個々が一つのプロジェクトにかける時間を短縮することができます。
それによって、複数の業務を同時進行し効率的に消化していくことが可能となるでしょう。

〇多くの人からアイデアを募りやすい

一人ではアイデアに詰まることもあると思います。
クラウドソーシングを活用することで、日本や世界中のあらゆる人からアイデアを得ることが可能となります。

デメリット

〇相手に信頼を置きにくく、納期や品質などを保証しきれない
Web上で築く信頼関係のみでは、納期や品質などの保証をしきることは難しいと思います。
トラブルの回避のためにも、受注者についている評価などを参照するべきといえるでしょう。

〇守秘義務を徹底してくれる確証を持てない

社外の人に業務を委託することで、機密情報が漏れてしまう心配があります。
個人情報や機密事項の扱いなど、細心の注意を払う必要があります。

おすすめクラウドソーシングサイトを比較!

次に、日本で代表的なクラウドソーシングのサービスを紹介していきます。それぞれを比較し、始める際の参考にしてみてください。

ランサーズ

クラウドワークス
クラウドワークスのサイトはこちら
【概要】
2008年にスタートしたクラウドソーシングサービスで、国内で最大級の規模を保持する。
【採用している仕事方式】
プロジェクト方式・コンテスト方式
【決済方法】
エスクローサービス(仕事が行われる前に運営会社がその報酬を預かり、仕事が完了した段階で運営会社から報酬が支払われる仕組み)を実施。
報酬未払いなどが発生しにくいシステムとなっている。
【特徴】
・無料で会員登録ができる。
・プログラム開発やWeb制作など、開発系・制作系の案件に強みをもつ。
・運営側から利用者に対して、メール配信やサポートなどのアプローチが手厚い。
・「Lancersマガジン」にて事例や体験談が数多く掲載されており、始める際の情報収集をしやすい。

クラウドワークス

クラウドワークス
クラウドワークスのサイトはこちら
【概要】
2011年に創業された会社が運営する大手クラウドソーシングサービス。
【採用している仕事方式】
プロジェクト形式(時給制と固定報酬制)・コンテスト形式
【決済方法】
エスクローサービス(同上)を実施。
【特徴】
・無料で会員登録ができる。
・実績の多い受注者に対して「プロクラウドワーカー」という認定を与える制度があり、発注者側が依頼先の選定をしやすい。
・特にライティングの案件数が多く、運営側もその募集や育成などに注力している。
・Yahoo!やベネッセなど他社と積極的に提携を結んでいるため、ユーザの層が幅広い。

実際にはどれくらい稼げるの?クラウドソーシングの収入

新しい働き方として注目を集めるクラウドソーシングですが、実際にはどれくらい稼げるのでしょうか?

稼げる人は年間〇百万も稼いでる!?

クラウドソーシング 稼げる
株式会社クラウドワークス 2017年9月期第1四半期 決算説明資料
クラウドソーシングをうまく活用することで、〇百万、〇千万の稼ぎを得ることも可能となることもあります。
好きな時間に好きなことをやってこれだけ稼げれば、本当に願ったりかなったりとなることでしょう。

一般的には生活できるレベルの収入を稼ぐのは難しい?

クラウドソーシング 収入実態
株式会社クラウドワークス 2016年9月期第1四半期 決算説明資料
しかしながら全体のデータを見ると、月収20万以上を達成したユーザは111人、全体の約0.01%にとどまっています。
また、20万越えを達成したユーザのほとんどがITエンジニアなどの専門職で、経験とスキルを要するものになってしまっています。
年々注目度があがるクラウドソーシングですが、この仕事のみで生計を立てるのは一般的に難しいといえるかもしれません。

副業として働くのがおすすめ!

このように一攫千金などは狙いにくいクラウドソーシングであるため、副業としての働き方が一般的になっています。
このとき注意すべきなのが、クラウドソーシングによって得た所得は自分で確定申告を行う必要があるということです。

副業における個人での確定申告

クラウドソーシング 確定申告
クラウドワーカーは立場上個人事業主であるため、自身で確定申告を行う必要があります。
この過程を省くと、所得証明ができないなど様々なデメリットが発生してしまいます。
クラウドソーシングで得た収入金額を随時確認しつつ、年間20万円以上の所得を得た際は手続きを行いましょう。
クラウドソーシングを始める場合、確定申告における所得税と所得控除の知識に通じていると、思わぬメリットを受ける可能性もあります。ぜひ知識を得つつ活動に活かしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。
ネットがますます普及し働き方が変わってきた今、クラウドソーシングを活用して活躍する人や企業が増加してきています。
地域や国境、働く時間を問わず、いつでもどこでもだれにでも仕事を依頼・受注できることがこのサービス最大の特徴です。
メリットデメリットについて正しく理解しながら、うまく活用して自分にあうスタイルを見つけてみてはいかがでしょう。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ぺライチを運用している会社で、ライターとしてインターンシップをしています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする