今さら聞けない…ベンチャー企業とは?スタートアップとの違い・よいベンチャーの見分け方!


最近よく聞くベンチャー企業って、どんな会社なの?ベンチャーはブラックなの?どんな人が向いているの?
今回は、その意味から、良い企業の見極め方、向き不向きまで、ベンチャー企業にまつわる疑問を一挙に解決します!

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、新技術や高度な知識などをもとに、既存の大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開し長期成長を目指すスモールビジネスを指します。
その事業が広く必要とされうるものであれば、その先駆けとして市場を席巻することができるため、短期間で急速な成長を遂げる可能性を秘めています。
ベンチャー企業とは
「ベンチャー企業」という言葉は日本人が作った和製英語で、通常英語で”Venture”とはVenture Capitalなど投資をする企業や人を指します。そのため、海外でベンチャーというと日本で使われる意味とは異なって解釈されてしまいます。

スタートアップとの違い

スタートアップとは、「立ちあげ」や「起業」を意味し、「新しいビジネスモデルによって急成長している企業や事業」を指します。
新規に立ち上げられ急速に成長するビジネス形態であれば、会社の規模は問いません。
そのため、「スタートアップのベンチャー企業」という表現をすることができます。

社内ベンチャーとの違い

社内ベンチャーとは、すでに事業を持っている会社が、新規事業を作り出すために、社内に独立した事業部隊を作ることです。
社内ベンチャーは独立した企業ではないため、法人登記等が伴いません。
ベンチャー企業の歴史
2000年以降にベンチャー企業の創業が活発化した主な理由は、3つ挙げられます。
1つ目は、規制緩和など政府主導でベンチャー企業を支援する施策が行われたこと。2つ目は、大学と中小企業との連携が進んだこと。3つ目は、起業に対して支援を行う事業者が増加したこと。これらの背景を踏まえて、起業を志す人が増加したのです。

ベンチャー企業はブラックも多い!?その見分け方

ベンチャー企業への就職は、企業の成長が自分の将来につながるチャンスでもあります。しかし、すべてのベンチャー企業が成功するわけではありません。待遇が整わないままこき使われる「ブラック企業」である可能性も否めません。
ベンチャー企業への就職で後悔しないためにも、その企業のことをよく見極める必要があります。
ブラックなベンチャー企業

いいベンチャーキャピタルからの投資を得ているか

その企業が、どのようなベンチャーキャピタルからの投資を得ているかも、見極めのポイントとなります。
ベンチャーキャピタルとは、ハイリターンを狙って企業に投資をする人々を指します。そのため、そこから投資を受けられる企業は「将来性がある」と専門家に認められている、ということになります。
優良なベンチャーキャピタルから投資されていることは、企業の将来性を見るうえで大きな基準となるのです。

企業のホームぺージの写真

Web上で自社の情報を掲載しているとき、たいてい社長や役員の紹介が載っています。ここで注目したいのが「顔写真」の様子です。
社長や役員が自ら顔写真を載せていない場合、真っ当な経営をしていない可能性があります。こちらが掲載されているかを確認しましょう。
逆に、社員の写真などが載せられているときは、離職率が低い証拠となるので、よい企業であることが多いです。

事務所をよく移転しているか

ベンチャー企業の見極めには、どのような移転履歴があるかで判断することが可能です。
特により広い場所への移転が多い場合は成長の見込みが高いことが推察できます。
事務所を移転する理由は、「会社の拡大に際して従業員を増やしたい、その分事務所が狭くなってしまうから広い場所に引っ越したい」となります。
従業員を増やしたり、事務所を移転したりすると、ある程度の資金が必要となります。そのため、広い場所への移転は業績が伸びる見込みがあることを示唆しています。

利益の期待できるビジネスモデルか

ベンチャー企業がそれぞれ展開しているビジネスモデルが、本当に利益を出し続けることができるものなのかに注目しましょう。これは、その企業の成長可能性を見極める指標になります。
こちらは投資家にアピールする狙いも込めて公表されているため、簡単に調べることができます。

あなたはベンチャーに向いてる!?ベンチャーに向く人

ベンチャー企業は年齢問わず活躍のチャンスを得られる場で、会社全体として活気と勢いがあります。若いうちにマルチに急成長を遂げられる環境です。
しかしベンチャー企業で活躍するためには、求められる資質や向き・不向きがあることも事実です。一般企業に入った方が大成できるタイプの人も少なくありません。
そこで、ベンチャー企業で活躍しやすい、適性のある人の特徴をまとめてみました。
ベンチャー適性

変化を楽しめる人

ベンチャー企業は、まさに朝令暮改。日々様々な変化が起こります。
また、新しいものを創り出す・イノベーションを起こす、という考え方が普及している環境もあります。
そのため、そのような変化を楽しめる性格を持っているかが大切になります。

自ら作り出していくことが好きな人

ベンチャー企業が成長するには、常に新しい手法を取り入れることが必要不可欠となります。トップとの距離の近さも重なって、個々人のアイディアが柔軟に受け入れられる風土があります。
自ら提案し、仕事を作り、そこで価値を創り上げることで信頼を得る。そのことを楽しめる人にはもってこいの環境といえます。

困難に対処することが好きな人

ベンチャー企業によっては、解決しなければならない課題がたくさんあるときもあります。そのとき、時間や力がないと挫折していては課題解決に向かいません。
「逃げない・辞めない・あきらめない」の気持ちで向かえる人、またその課題すら楽しんで自らの成長に繋げられる人がベンチャー企業に向いているといえるでしょう。

ベンチャー企業と、自分の適性を正しく見極めよう

いかがでしたか。
ベンチャー企業には様々な特徴があります。
それを志すうえで、自分に適性はあるのか、またその企業はいい企業なのかを見極めることがとても大切です。
よりよい選択ができるよう、この記事を参考にしつつ取り組んでみてくださいね。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ぺライチを運用している会社で、ライターとしてインターンシップをしています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする