Picfullの使い方をご紹介!エフェクト加工ができる画像加工サイト


Picfullは、無料で使える画像加工サイトです。エフェクト加工にはもってこいのツールなのですが、日本語表記がないため、今回はPicfullの使い方を日本語でご紹介したいと思います。とても便利なツールなので、英語に苦手意識のある方にもPicfullを活用していただけると幸いです。

Picfullとは

Picfullのトップページ

Picfullは、エフェクト(効果)加工ができるオンライン画像加工サイトです。21種類のエフェクトの中から好みのものを選び、色合いなどを調整するだけで簡単にエフェクト加工ができます。他の加工は必要なく、すぐにエフェクト加工だけをしたい方にはおすすめです。

【URL】 Picfullのサイトはこちら

Picfullの使い方

それでは、Picfullの使い方をご紹介します。

画像の加工・編集手順

(1)トップページのEdit your photo now(画像を編集する)をクリックして、画像の編集画面を開きます。

(2)Choose Photo(写真を選ぶ)をクリックして、加工する画像を選びます。
Picfullの画像選択画面

(3)21種類のEffects(エフェクト)の中から、お好みのエフェクトを選びます。一度選んだエフェクトが気に入らなければ、 Cancel(キャンセル)をクリックして元に戻せます。
※画像のファイルサイズに制限はありませんが、サイズが大きいとエフェクト加工に時間がかかります。

(4)お好みのエフェクトを選択したら、細かい調整をします。
※各エフェクトの調整機能については後述します。

(5)調整したら、Apply(適用)をクリックしてエフェクトを確定します。画像の下にあるUndo(戻す)をクリックすると、元に戻せます。
※複数のエフェクトをかけることもできます。

(6)加工が終わったら、Save(保存)をクリックします。
Picfullの保存画面

すると、このような画面が出てくるので、Save!をクリックしてください。
Picfullの保存画面

次にこのような画面が出てくるので、Open!をクリックしてください。
Picfullの保存画面

すると、Share Photo(画像をシェアする)というポップアップが出てきます。
そのままFacebookやTwitterでシェアしたり、メールで送信したりすることもできますが、ダウンロードだけしたい場合には、バツのマークをクリックしてポップアップを消します。
Picfullのポップアップ

Click here to download your photoをクリックすると、画像をダウンロードできます。
Picfullの保存画面

また、その下のClick here to edit another photo!をクリックすると、続けて別の画像を加工することができます。

加工機能一覧

次に、エフェクト加工の一覧と、各エフェクトの調整機能をご紹介します。

Vintage Dark(ヴィンテージダーク)

Picfullのヴィンテージダークの加工画面

【調整機能】 Fade(フェード)/Contrast(コントラスト)/Vignette(周辺光量補正)/Gamma(明暗)/Color(色)

Crazy Mirror(クレイジーミラー)

Picfullのクレイジーミラーの加工画面

歪んだ鏡に写って、変形したような加工です。

【調整機能】 Twirl(渦巻き)/Spherize(球)/Ripple(波紋)/Ripple Scale(波紋の大きさ)

Red-Eye Removal(赤目補正)

Picfullの赤目補正の加工画面

赤目補正ができます。Apply(適用)をクリックすると処理が適用されます。

Colored Dots(カラードット)

Picfullのカラードットの加工画面

ドット模様のエフェクトです。
【調整機能】 Color(色)/Size(ドットのサイズ)/Nuance(色合い)/Details(細部の描写)/Strength(濃度)

Old Photo(古い写真)

Picfullのオールドフォトの加工画面

古びた写真のような加工をすることができます。

【調整機能】 Blur(ぼかし)/Noise(ノイズ)/Vignette(周辺光量補正)

Two Colors(ツーカラー)

Picfullのツーカラーの加工画面

2つの色を使った加工です。
【調整機能】 Color(色)/Background(背景)

Line Coloring(ラインカラー)

Picfullのラインカラーの加工画面

【調整機能】 Color(色)/Background(背景)/Pattern(模様)/Details(細部)/Size(サイズ)/Threshold(しきい値)

Yellowed(イエロー)

Picfullのイエローの加工画面

黄色がかった色味になります。

【調整機能】 Color(色)/Color Strength(色の濃淡)/Saturation(彩度)/Contrast(コントラスト)/Vignette(周辺光量補正)/Fade(フェード)

Aquarelle(水彩画)

Picfullの水彩画の加工画面

【調整機能】 Strength(濃度)/Saturation(彩度)/Contour(輪郭)

Vintage(ヴィンテージ)

Picfullのヴィンテージの加工画面

【調整機能】 Color(色)/Fade(フェード)/Blur(ぼかし)

Pen Outline(ペン風アウトライン)

Picfullのペン風アウトラインの加工画面

ペンで描いたような輪郭になります。

【調整機能】 Difference/Color(色)/Background(背景)

Blurring With Zoom(ぼかし&ズーム)

Picfullのぼかし&ズームの加工画面

【調整機能】 Amount(ぼかし&ズームの量)/Horizontal(水平)/Vertical(垂直)

Color Separation(カラーセパレーション)

Picfullのカラーセパレーションの加工画面

【調整機能】 Horizontal Offset(水平のオフセット)/Vertical Offset(垂直なオフセット)/Color(色)/Contrast(コントラスト)/Brightness(鮮明度)

Exaggerated Colors(色の強調)

Picfullの色の強調の加工画面

画像の色を強調するエフェクトです。

【調整機能】 Effect Strength(エフェクトの強度)/Saturation(彩度)/Smoothing(なめらかさ)

Sepia(セピア)

Picfullのセピアの加工画面

画像がセピアになるエフェクトです。

【調整機能】 Amount(量)

Color Stains(カラーステイン)

Picfullのカラーステインの加工画面

【調整機能】 Color(色)/Background(背景)/Contrast(コントラスト)/Brightness(鮮明度)/Size(ステインのサイズ)

Glow(グロー)

Picfullのグローの加工画面

【調整機能】 Color(色)/Fog(霧)/Blur Radius(ぼかしの範囲)/Saturation(彩度)/Lighting Effect(光のエフェクト)

Old Colored(オールドカラー)

Picfullのオールドカラーの加工画面

古びた色合いになります。

【調整機能】 Contrast(コントラスト)/Brightness(鮮明度)/Fade(フェード)/Hue(色調)/Saturation(彩度)

Pencil Strokes(鉛筆画)

Picfullの鉛筆画の加工画面

鉛筆で描いたような輪郭になります。

【調整機能】 Blur Radius(ぼかしの範囲)/Brightness(鮮明度)/Contrast(コントラスト)/Pattern(模様)/Fade(フェード)

Color Balance(カラーバランス)

Picfullのカラーバランスの加工画面

【調整機能】 Hue(色調)/Saturation(彩度)/Brightness(鮮明度)

Posterizer(ポスタライザー)

Picfullのポスタライザーの加工画面

【調整機能】 Color(色)/Blur(ぼかし)

Picfullを活用しよう!

クリックするだけで簡単にエフェクト加工ができ、それぞれのエフェクトの細かい調整もできるは嬉しいですよね。Picfullは、エフェクト以外の加工はできませんが、素早くエフェクト加工をするにはとても便利な画像加工サイトなので、ぜひ活用してみてください。

【あわせて読みたい!】
画像加工サイト24選!無料で文字入れもスタンプ加工もできる!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集長/フリーライター ウェブデザインや動物、美容、ダイエット等幅広いジャンルの記事を手掛ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする