サーバーとは?初心者でもわかりやすいサーバーの概要・種類など


サーバーは、ドメインと並んでホームページ作成には欠かせないもです。今回は、サーバーとは何かという意味をはじめ、サーバーに関するちょっと難しい用語や、サーバーの種類をご紹介します。初心者でも理解できるよう、わかりやすく解説していきます。

サーバーとは

サーバーのイラスト

サーバー(英語:server)とは、ホームページを表示するために必要となる情報を格納しておく場所のことです。

サーバーから情報を受け取る側をクライアント(client)と呼び、サーバーはクライアントからのリクエストに応じて、保管しておいたファイル(HTMLファイル・画像ファイル・音楽ファイル・映像ファイルなど)を提供します。そのデータによって、指定されたホームページが表示されるのです。

ただしサーバーという言葉には、WEBサーバーやファイルサーバー、メールサーバー、DNSサーバー、FTPサーバーなど多数の用途があります。

更に、サーバー用のコンピューター機器(ハードウェア)などをサーバーと呼ぶ場合もあり、幅広い意味で使われています。そもそも英語のserverは、サービスを提供(serve)する側の人を指す言葉なので、何かを提供する物のことをサーバーと呼ぶのです。

今記事では、ホームページを表示させておくために必要な情報を格納しておくスペースとしてのサーバーについてご紹介していきます。

「サーバー」と「サーバ」はどちらが正しい?

日本では、「サーバー」と「サーバ」の2つの表記方法があります。どちらも広く使われていますが、「サーバ」のように、語尾の「ー」を表記しないというのは、IT業界の慣習(マイナスやハイフンなど、区別を付けづらい記号による読み間違いを防ぐため)です。

ですから、まとめると「サーバー」と「サーバ」はどちらも正しいのですが、IT業界では「サーバ」と記述する人が多いかもしれないということになります。ちなみに、ネットスラングでは「鯖(サバ)」と表記することもあります。

サーバーに関する用語

物理サーバー・仮想サーバー

サーバーのイラスト

物理サーバーとは、実体のあるサーバーのこと、仮想サーバーとは、物理的な実体がない仮想的なサーバーのことです。仮想サーバーは、物理サーバーを複数台に分割し、仮想的なサーバーとして利用します。

それぞれの仮想サーバーでは、OSやアプリケーションを実行させることができ、あたかも独立したコンピュータのように使用することができます。

サーバー仮想化

1台の物理サーバーを複数台の仮想サーバーに分割して利用する仕組みです。複数あるサーバーを1台にまとめることで、サーバーのリソースを有効活用できるようになります。

CPU(Central Processing Unit:中央演算処理装置)

パソコンの中枢として、周辺機器などからデータを受け取り、全体の処理や計算を行うパーツです。CPUはまさにコンピューターの頭脳のようなもので、コンピューターの基本性能を決める重要な部品です。

メモリ

データの保存場所であるHDD(ハードディスク)から、データを処理するCPUに渡すデータを置いておくための部品です。

OS(Operating System)

コンピューターを動かすためのソフトウェア(コンピューターを働かせるためのプログラムの総称)のことです。

root権限

システム管理者用の権限で、ほぼすべての操作を行えるものです。全てのファイルにアクセスでき、アカウントのパスワード変更なども可能です。

サーバーの種類

最も一般的なのはレンタルサーバーかもしれませんが、その他にもVPSや専用サーバー、クラウドサーバーといった種類のサーバーがあります。

共用サーバー VPS 専用サーバー クラウドサーバー
物理/仮想 物理 仮想 物理 仮想
価格 月額100円〜 月額600円程度~ 月額8,000円〜 月額3,000円〜100,000円
サーバーの設定 簡単 要設定 要設定 要設定
他ユーザーの影響 受ける 受けない 受けない 受けない
アプリインストール ×

共用サーバー(レンタルサーバー)

【特徴】物理サーバー/安い/簡単に使える/他のユーザーの影響を受けやすい/好きなアプリケーションをインストールできない
【料金】月額100円〜
【代表的なサービス】ロリポップ!レンタルサーバー/ヘテムル/さくらのレンタルサーバーなど

共用サーバーは、1つのサーバーを複数の人がレンタルして、共同で使うものです。他のユーザーの影響を受けやすいというデメリットもありますが、それを防ぐためにメモリの利用上限などが厳しく設定されています。

4種類の中では、価格が最も安く気軽に使えますが、サーバーの管理者権限を持てないため、制限が多く、OSやアプリケーションなどを自分好みにカスタマイズすることはできません。

サーバー会社が決めたOSやアプリケーションを使うことになるので、Webサイトの公開やメール機能といった用途でしか使えません。

VPS(Virtual Private Server)

【特徴】仮想サーバー/好きなようにカスタマイズ可能/サーバーを仮想的に専有できるので、他のユーザーの影響を受けにくい
【料金】月額600円程度~
【代表的なサービス】Servers@Man VPS/さくらのVPS/ABLENET VPSなど

VPSは、専有して使える仮想サーバーです。サーバーにインストールされたOS上に複数の仮想サーバー領域を用意し、一人一人のユーザーに仮想サーバーが割り当てられます。

仮想サーバーでは、ホストOSとは別にゲストOSがインストールされており、ユーザーはroot権限をもらえるので、レンタルサーバーよりも自由に使えます。

専用サーバー

【特徴】物理サーバー/価格は高め/カスタマイズ可能/他のユーザーの影響を受けない/サーバーを自分でメンテナンスするスキルが必要
【料金】月額8,000円〜
【有名なサービス】ファーストサーバ/GMOクラウド 専用サーバー/カゴヤ・ジャパン/さくらの専用サーバーなど

専用サーバーは、1つのサーバーを専有し、自由に使うことができます。サーバーのroot権限をもらえるので、レンタルサーバーよりも自由に使えます。

自分でサーバーをメンテナンスするスキルが必要となりますが、サーバー会社に運用を代行してもらえるプランもあります。

クラウドサーバー

【特徴】仮想サーバー/時間単価はVPSより高い/時間課金あり
【料金】月額3,000円〜100,000円
【有名なサービス】Amazon Web Services(AWS)/Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)/Nifty Cloud(ニフティクラウド)/Cloudn(クラウドエヌ)など

クラウドサーバーは、VPSと同じように、一人一人のユーザーに仮想サーバーが割り当てられます。VPSとの違いは、1つの仮想サーバーを借りるのではなく、サーバーのスペック(性能)などを柔軟に拡張できる点です。

月額課金と従量課金(サーバーの起動中のみ課金される料金体系)があり、時間単位でも使えるので、必要な時だけ使うことで、料金を抑えられます。

サーバーの管理者権限(root権限)をもらうことができ、VPSよりも更に拡張しやすいので、サーバーへのアクセスが集中し負荷が高くなった時は、それに応じて性能を高めることもできます。

サーバーとは?まとめ

パソコンの部品

サーバーとは、ホームページを表示するために必要な情報を格納しておく場所のことです。最初はわかりづらいかもしれませんが、同じくホームページ作成に欠かせないドメインと合わせて、どんなものなのか、何を選ぶと良いのかなど、理解しておきましょう。

【あわせて読みたい!】
レンタルサーバーとは?選び方やおすすめレンタルサーバー比較など
ドメインとは?種類や取得の方法・ドメイン取得サービスまとめ

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集長/フリーライター ウェブデザインや動物、美容、ダイエット等幅広いジャンルの記事を手掛ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする