ホームページの作り方は?初心者でもわかるホームページ作成の基本


ひとくちにホームページの作り方といっても、ホームページを作る手段はたくさんあります。今回は、初心者でも自分でホームページを作るために必要な基礎知識と、ホームページ作成サービスやメモ帳などを使った作り方についてご紹介していきます。目的や用途、予算などに合わせて、ぜひ使い分けてみてくださいね。

ホームページとは

パソコンとタブレット

ホームページとは、ウェブサイトの表紙のような役割を果たすページのことを指します。ただし、日本では「ウェブサイト」と同じ意味で使われることが多く、本来の意味とは違った使われ方をしているようです。

また、日本で表紙のような役割を果たすページを表す言葉としては、「トップページ」というものがあります。実は、これは和製英語なんだそうです。

ホームページ作成の基本!ドメイン・サーバーとは

ホームページを作るためには、住所(URL)の役割を果たすドメインと、ファイルを格納するスペースの役割を果たすサーバーの2つが必要になります。

ドメインとは、「◯◯.com」、「◯◯.jp」などといった形で表される、ホームページの住所のようなもの、そしてサーバーとは、作ったホームページを置いておく場所のことです。

ドメインとサーバーは、「住所(ドメイン)と土地(サーバー)のような関係」とよく言い表されます。ドメインとサーバーの両方があって、初めてホームページが完成し、世界中からアクセスできるようになるのです。

ドメインとは?種類や取得の方法・ドメイン取得サービスまとめ
サーバーとは?初心者でもわかりやすいサーバーの概要・種類など
レンタルサーバーとは?選び方やおすすめレンタルサーバー比較など

ホームページの作り方

ホームページの作り方には、いくつかの方法があります。ここでは、その方法をまとめてご紹介していきます。

独自ドメインとレンタルサーバーを使った作り方

【難易度】★★★★☆ 
【特徴】基本的なホームページの作り方/ドメインの取得・サーバーのレンタルが必要/HTML・CSSの知識が必要

ホームページの作り方として一般的なのが、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて作るという方法です。サーバーをレンタルし、ドメインは独自のものを取得します。この作り方だと、ドメインの取得とサーバーのレンタル費用で、年間2,000〜5,000円程度かかります。

独自ドメインは、自分の好きな文字列で作れるドメインなので、会社やサービス、店舗などの名称に「.com」、「.jp」、「.me」などの文字列(トップレベルドメイン)を組み合わせた形で決めます。

ドメインは、ホームページを表示するのに必要な住所のようなものなので、希望のドメインがあったとしても、他の人が既にそのドメインを取得してしまっていれば、同じものを取得することはできません。希望のドメインがあれば、早めに取得しておきましょう。

ドメインとサーバーの用意ができたら、ホームページのコンテンツにあたるHTMLファイルと、デザインを指定するCSSファイルを用意し、サーバーにアップロードすれば完成です。

HTML、CSSファイルを作る際には、Windowsに搭載されている「メモ帳」を使うことができます。また、テンプレートの用意もあるので、それをコピーして使うと簡単ですよ。

ドメインやサーバー、HTMLに関しては以下の記事を参考にしてみてください。
ドメインとは?種類や取得の方法・ドメイン取得サービスまとめ
サーバーとは?初心者でもわかりやすいサーバーの概要・種類など
レンタルサーバーとは?選び方やおすすめレンタルサーバー比較など
HTMLの書き方は?初心者でもわかるHTMLの基本!改行や画像挿入などよく使うタグも

ホームページ作成サービスを使った作り方

【難易度】★☆☆☆☆ 
【特徴】簡単/初心者向け/ドメインの取得・サーバーのレンタルは基本的に不要/HTML・CSSの知識は不要

ホームページ作成サービスは、自分でドメイン取得したり、サーバーを借りたりする手間なく、簡単にホームページを作成できるサービスです。ドメインはサービス運営会社から付与され、サーバーもその会社のものを使うことができます。

ダウンロードして使うホームページ作成ソフトもありますが、最近ではオンラインで使えるサービスが増えています。無料で使えるサービスが多いので、気軽に試してみると良いかもしれません。

これらのサービスには、たいてい有料プランも用意されていて、独自ドメインを取得したり、たくさんのホームページを公開したりしたい時などは、有料プランに切り替えることができます。

ホームページ作成サービスの種類については、以下の記事を参考にしてみてください。
ホームページ作成サービス18選!初心者も簡単・無料で更新もできる

WordPressなどのCMSを使った作り方

【難易度】★★★☆☆ 
【特徴】比較的簡単/中級者向け/ドメインの取得・サーバーのレンタルが必要/HTML・CSSの知識は少し必要

CMS(Contents Management System:コンテンツマネジメントシステム/コンテンツ管理システム)とは、HTMLやCSSなどの知識がなくても、テキストの入力や画像の挿入をするだけで、ホームページを更新することができる管理システムです。

代表的なCMSとしては、WordPress(ワードプレス)が挙げられます。専門知識を必要とする部分はシステムが管理してくれるので、知識のない個人や、Web担当者がいない会社などでも簡単にホームページの管理、更新ができます。

CMSの種類については、以下の記事を参考にしてみてください。
CMSとは?誰でも簡単にホームページが作れるCMSサイト16選を比較!

ホームページを作ってみよう!

いかがでしたか?ホームページの作り方は、独自ドメインとサーバーを使う方法から、ホームページ作成サービスやCMSを使う方法まで、様々な方法があるので、ぜひ自分に合ったものを選んでみてくださいね。

【あわせて読みたい!】
ドメインとは?種類や取得の方法・ドメイン取得サービスまとめ
サーバーとは?初心者でもわかりやすいサーバーの概要・種類など
レンタルサーバーとは?選び方やおすすめレンタルサーバー比較など
HTMLの書き方は?初心者でもわかるHTMLの基本!改行や画像挿入などよく使うタグも
ホームページ作成サービス18選!初心者も簡単・無料で更新もできる
CMSとは?誰でも簡単にホームページが作れるCMSサイト16選を比較!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集長/フリーライター ウェブデザインや動物、美容、ダイエット等幅広いジャンルの記事を手掛ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする