ドメインとは?種類や取得の方法・ドメイン取得サービスまとめ


ドメインは、ホームページを作る際に必要となるものです。今回は、ドメインとは何かという意味の説明から、ドメインの種類や取得方法まで、ホームページを作る際に必要となる、ドメインに関する知識をわかりやすくご紹介していきます。ドメインを取得できるおすすめのサービスもご紹介するので、ぜひ自分に合うものを選んでみてくださいね。

ドメインとは

ドメインとは、ホームページの住所のような役割を果たす、ホームページを開く際に必要となるものです。

「◯◯.com」、「◯◯.jp」などといった形で表され、◯◯には、アルファベットやかな文字、漢字の文字列が入ります。それ以外にも、ハイフンや数字を組み合わせて作ることもできます。

既に誰かが取得しているドメインを取得することはできないので、希望のドメインがあれば早めに取得しておくことをおすすめします。

独自ドメインとサブドメイン

独自ドメインとは、自分で好きな文字列を設定して取得するドメインです。サブドメインとは、既に取得済みのドメインの先頭に「.(ドット)」で区切って別の文字列を追加したドメインを指します。

例を挙げると、「https://peraichi.com/」が独自ドメインで、「http://univ.peraichi.com/」がサブドメインとなります。

ドメインの種類

「.com」や「.jp」などの.(ドット)以降の文字列を「トップレベルドメイン(TLD)」、または「第一レベルドメイン」と言います。

このトップレベルドメインと好きな文字列を組み合わせてドメインを作るのですが、トップレベルドメインの種類は多数あり、それぞれ特徴が異なります。

ここでは、トップレベルドメインの種類についてご紹介していきます。種類が多くて迷った時には、よく見かけるTLD(.comや.netなど)を選ぶと良いかもしれません。

分野別トップレベルドメイン(gTLD)

分野別トップレベルドメイン(gTLD)は、ユーザーの居住国に関わらず、誰でも取得できるドメインです。

ドメインの種類 特徴
.com 最も一般的。企業や商用サービス用だが、実際には非営利的団体や学校など様々な組織で使われている。
.net ネットワーク用
.org 非営利組織用
.biz ビジネス用
.info 情報サービス用
.edu 高等教育機関用。実際に使用しているのは、アメリカの大学がほとんど。
.gov 米国政府機関用。アメリカの政府機関や、州・郡・地方自治体だけが使用できるドメイン。

国コードトップレベルドメイン(ccTLD)

国コードトップレベルドメインとは、国や地域ごとに割り当てられたドメインです。現在255のccLTDがあり、基本的にはその国や地域の居住者(個人・団体)のみ取得できます。日本の国コードトップレベルドメインは「.jp」です。

ドメインの種類 国・地域名
.jp 日本
.cn 中国
.uk イギリス
.fr フランス
.eu ヨーロッパ連合(EU)

属性型(組織種別型)JPドメイン名

属性JPドメイン名とは、「.jp」の前に文字列(セカンドレベルドメイン)が入った形のドメインです。組織向けのドメインで、個人は取得することができません。また「ne.jp」以外は、1組織あたり1つしか取得できません。

種類 組織 例・備考
co.jp 日本国内の会社・組織 株式会社/有限会社/合同会社/合名会社/合資会社/相互会社/信用金庫/信用組合/日本で登記している外国の会社/有限責任事業組合/企業組合/投資事業有限責任組合 ※企業組合はor.jpも可
or.jp 法人組織・組合 財団法人/社団法人/医療法人/監査法人/宗教法人/特定非営利活動法人/特殊法人/農業協同組合/消費生活協同組合/国連等の公的な国際機関/国連NGOまたはその日本支部/外国政府の在日公館など
ne.jp 日本国内のネットワークサービス 1サービスごとに1つのドメインを取得できます。同じ組織であってもサービスごとに別のne.jpドメインを取得できます。
ac.jp 高等教育機関・学術研究機関 大学/大学校/高等専門学校/大学共同利用機関/学校法人/職業訓練校/職業訓練法人など
go.jp 政府機関・各省庁の機関 研究所/特殊法人/独立行政法人 ※1つの組織で複数のgo.jpドメインを取得可

ドメイン取得の方法は?

ドメイン取得の方法には、(1)サーバーと同時契約する方法(2)ドメイン取得サービスを使う方法の2パターンあります。

サーバー契約と同時にドメインまで取得できる場合があるので、基本的には、サーバーをレンタルした後にドメインを取得するという流れが良いでしょう。

-1-レンタルサーバーのドメイン取得サービスで同時契約する

サーバーを契約するのと同時に、ドメインも取得することができます。サーバーとドメインを同じ会社で統一することで特典を受けられたり、登録や設定の手間が省けたりします。

ただし、同時契約するとドメイン取得サービスで取得するよりも価格(特に更新料金)が高くなることがあるので、もっと安く済ませたいと感じたら、別途ドメイン取得サービスを通して取得するのも良いでしょう。

また、同時契約するとWHOIS情報の代理公開を行えなかったり、有料だったりする場合があります。WHOIS情報の代理公開をしたい方も、別途ドメインを取得するのが良いかもしれません。

■WHOIS情報の代理公開:ドメインを取得した人の氏名や住所などの情報(WHOIS情報)を公開したくない場合に、WHOIS情報をドメイン取得サイトの名義にするサービスです。

※WHOIS情報は、ドメイン名で検索をかけると誰でも簡単に調べられるので、代理公開をしないと氏名や住所などの個人情報が知られてしまいます。

ドメインも取得できるレンタルサーバー

大塚商会

大塚商会のトップページ

大塚商会のレンタルサーバー、「アルファメール」に契約すると、無料でドメインを取得できます。

【特徴】ドメイン12種類/サーバーと同時契約/ドメインの取得・管理・更新費用無料(レンタルサーバーの基本料金に含まれる)
【URL】大塚商会のサイトはこちら

-2-ドメイン取得サービスを通して取得する

ドメイン取得サービスで取得する場合は、別途契約した他社のレンタルサーバーにそのドメインを持ち込む必要があります。

最近のレンタルサーバーは、たいていドメインの持ち込みが可能となっているので、ドメインとサーバーを別々に契約しても問題ありません。しかし、持ち込む際にはネームサーバー設定など多少の手間がかかります。

※ネームサーバー設定:ドメインとサーバーを繋ぐ設定のことです。

おすすめのドメイン取得サービス

ドメイン取得サービスでは、検索をかけて希望のドメインを取得できるか確認する(空きドメインを探す)ことができます。レンタルサーバーほど各社のサービス内容に大きな違いはありませんが、ドメインも価格や特典、管理のしやすさなどに違いがあります。

お名前.com

お名前.comのトップページ

お名前.comは、GMOが運営する国内最大級のドメイン取得サービスです。

【特徴】ドメイン500種類以上/簡単な管理ツール/24時間無料電話サポート/格安キャンペーンあり/30個以上でセット割あり
【URL】お名前.comのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,040円 1,280円
.jp 2,840円 2,840円
.co.jp 3,780円 3,780円

お名前.comのドメイン料金詳細はこちら

ムームードメイン

ムームードメインのトップページ

ムームードメインは、GMOペパボのドメイン取得サービスです。運営会社が同じなので、ロリポップでサーバーをレンタルする場合には、ムームードメインを使用すると良いかもしれません。

【特徴】チャットによるライブヘルプあり/最安値99円〜
【URL】ムームードメインのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,160円 1,280円
.jp 2,840円 2,840円
.co.jp 3,780円 3,780円
スタードメイン

スタードメインのトップページ

スタードメインは、ネットオウル株式会社のドメイン取得サービスです。

【特徴】無料サーバーあり/WHOIS情報公開代行無料
【URL】スタードメインのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,180円 1,180円
.jp 2,360円 2,360円
.co.jp 3,680円 3,680円
名づけてねっと

名づけてねっとのトップページ

名づけてねっとは、NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。複数のドメインを一つのパスワードで管理できる「複数ドメイン管理機能」が便利です。

【特徴】通話料無料の電話サポート/複数ドメインの管理もしやすい
【URL】名づけてねっとのサイトはこちら
【ドメインの価格】

TLD 取得 更新
.com 無料 3,600円
.jp 無料 7,200円
.co.jp 無料 7,200円
Value domain(バリュードメイン)

バリュードメインのトップページ

GMOデジロックのドメイン取得サービスです。同社のサーバーであるバリューサーバーを使用すると、連携しやすいです。

【特徴】WHOIS情報公開代行無料
【URL】バリュードメインのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,280円 1,280円
.jp 2,840円 2,840円
.co.jp 3,780円 3,780円
ゴンベエドメイン

ゴンベエドメインのトップページ

ドメインの種類が豊富で、「.com」などの主要なドメインはもちろん、「.be」「.moe」「.it」などの珍しいドメインも多く取り揃えられています。

【特徴】ドメイン1,000種類以上/ドメインの自動更新機能あり
【URL】ゴンベエドメインのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,382円 1,382円
.jp 3,067円 3,067円
.co.jp 5,616円 5,616円
Doレジ

Doレジのトップページ

Doレジは、ファーストサーバ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。

【特徴】ドメイン17種類
【URL】Doレジのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,900円 3,200円
.jp 4,000円 6,800円
.co.jp 5,600円 6,800円
X domain(エックスドメイン)

エックスドメインのトップページ

サーバーレンタルの「エックスサーバー」を運営している、エックスサーバー株式会社のドメイン取得サービスです。

【特徴】無料サーバー/WHOIS情報公開代行無料
【URL】エックスドメインのサイトはこちら
【ドメイン価格】

TLD 取得 更新
.com 1,180円 1,180円
.jp 2,820円 2,820円
.co.jp 3,760円 3,760円

ドメイン取得の流れ

パソコン

(1)ドメイン名を考える。
(2)ドメイン取得サービス、またはレンタルサーバー会社を選ぶ。
(3)ドメイン検索をして、他の人が既に取得していないドメインか確認する。
(4)ドメインを取得する。

いかがでしたか?ドメインは、ホームページの住所のようなもので、ホームページを公開するためにはサーバーと同等に重要なものです。予算や機能など、自分に合うサービスでドメインを取得して、ホームページを公開してみましょう。

【あわせて読みたい!】
サーバーとは?初心者でもわかりやすいサーバーの概要・種類など
レンタルサーバーとは?選び方やおすすめレンタルサーバー比較など
ホームページの作り方は?初心者でもわかるホームページ作成の基礎知識
ホームページ作成サービス18選!初心者も簡単・無料で更新もできる

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集長/フリーライター ウェブデザインや動物、美容、ダイエット等幅広いジャンルの記事を手掛ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする