PIXLR o-maticの使い方は?無料で使えるおしゃれな画像加工ツール


PIXLR o-matic(ピクスラーオーマティック)は、無料とは思えないクオリティの画像加工ツールです。豊富なエフェクトとオーバーレイ、フレームを使ったおしゃれな加工ができます。日本語表記はありませんが、シンプルな操作画面で使い方は簡単です。今回は、PIXLR o-maticの使い方をご紹介していきます。

PIXLR o-maticとは

PIXLR o-maticのトップページ

PIXLR o-maticは、エフェクト(効果)、オーバーレイ(画像の上に重ねてデコレーションするもの)、フレーム加工を中心に画像を編集できるツールです。それぞれの効果のかかり具合を調整することはできませんが、その分種類が豊富なので満足のいく加工ができます。

Autodesk Inc.のサービスで、PIXLR o-maticの他にPIXLR editorやPIXLR expressといった画像加工ツールもあります。

PIXLR o-maticは、PIXLR expressよりも加工機能は制限されますが、その分シンプルな操作性になっています。また、PIXLR o-maticは、パソコンやスマートフォン上でオンラインでも使えますが、アプリ(Chrome/iOS/Androidに対応)をダウンロードしても使えます。

【URL】 PIXLR o-maticのサイトはこちら

PIXLR o-maticの使い方

それでは、PIXLR o-maticの使い方をご紹介します。

画像の加工・編集手順

(1)webcam(ウェブカメラで撮影する)、またはcomputer(パソコンから開く)のどちらかを選択します。
PIXLR o-maticの加工画面トップ

(2)各加工機能を使って画像を加工します。

(3)Saveをクリックして、パソコンなどのデバイスに画像を保存します。
PIXLR o-maticの保存画面

そうすると、以下のような画面に切り替わるので、Computerをクリックします。
PIXLR o-maticの保存画面

次に、Name(ファイル名)を設定して、矢印をクリックすると保存できます。
PIXLR o-maticの保存画面

加工機能一覧と使い方

次に、PIXLR o-maticの加工機能一覧と、それぞれの使い方をご説明します。

Effects(エフェクト/効果)

PIXLR o-maticの効果の加工画面

もともと25種類のエフェクトがありますが、Moreをクリックするか、左下のプラスマークをクリックし、エフェクトを選択すると、好きなだけ追加できます。

PIXLR o-maticのエフェクト追加画面

Moreか左下のプラスマークをクリックすると、このような画面が出てくるので、ここでEffectsを選択してください。
PIXLR o-maticのEffects追加画面

そうすると、追加できるエフェクト一覧が表示されます。
PIXLR o-maticのEffects追加画面

お好みのエフェクトを選んで、OKをクリックすれば、エフェクトが追加されます。
PIXLR o-maticのEffects追加画面

また、各エフェクトの左上にある星のマークをクリックしておくと、お気に入りとして登録されるので、次回使いたい時に見つけやすくなります。

Overlays(オーバーレイ)

右下の矢印をクリックするか、針を青色に切り替えると、オーバーレイに切り替わります。
PIXLR o-maticのオーバーレイの加工画面

もともと30種類のオーバーレイがありますが、Moreまたは左下のプラスマークをクリックし、Overlaysを選択すると、好きなだけ追加できます。稲妻や花火、蝶、波など、様々なオーバーレイがあります。

PIXLR o-maticのOverlays追加画面

またエフェクト同様、気に入ったものは左上にある星のマークをクリックしておくと便利です。

Borders(枠線/フレーム)

右下の矢印をクリックするか、針を黄色に切り替えると、フレームに切り替わります。
PIXLR o-maticのBordersの加工画面

もともと30種類の枠線がありますが、Moreまたは左下のプラスマークをクリックし、Bordersを選択すると、好きなだけ追加できます。

PIXLR o-maticのBorders追加画面

またエフェクトとオーバーレイ同様、気に入ったものは左上にある星のマークをクリックしておくと便利です。

切り抜き

PIXLR o-maticの1:1のマーク
1:1のマークをクリックすると、画像を正方形に切り抜くことができます。もう一度クリックすると、元に戻ります。

ランダム

PIXLR o-maticの矢印マーク

矢印のマークをクリックすると、エフェクトやオーバーレイ、フレームがランダムに施されます。
※エフェクトの加工画面ではエフェクトが、オーバーレイの加工画面ではオーバーレイがそれぞれ施されます。

PIXlR o-maticを活用しよう!

日本語表記はないものの、それぞれのエフェクトにプレビューがあるので視覚的に選びやすく、一度使い方を覚えてしまえば簡単に使いこなせるツールです。無料でクオリティの高い加工ができる優れものなので、ぜひ活用してみてくださいね。

【あわせて読みたい!】
PIXLR expressの使い方は?アプリでもオンラインでも使える画像加工ツール
画像加工サイト24選!無料で文字入れもスタンプ加工もできる!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学編集長/フリーライター ウェブデザインや動物、美容、ダイエット等幅広いジャンルの記事を手掛ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする