事前準備が一番大事!上手に転職できる人がやっていること


上司や同僚と上手くいかない。入社したけれどもやりたいことが思っていたより違っていた。

など色々な理由で転職したいと考えている人は少なくはないと思います。しかし、転職をする前や転職した後のことを考えずに勢いでするのはとても良いとは思えません。次の職場では上手く働きたいと思っている方に向けて書いてみました。

転職する前に考えること

なやんでいる画像

まずは「本当に転職して良いのか。」を考えましょう。転職するのになぜ事細かに考えなきゃいけないのかと考えがちですが、あなたが転職する理由を考えなおすという意味で考えましょう。よくある理由として「入社する前に思った仕事の内容と違った」「人間関係が合わない」「年収が低く収入アップを図りたい」などがあり、収入アップ以外の目的であれば転職後に後悔しないためにも現状できる改善策で転職を踏みとどまり、見つめ直してみるのが良いかもしれません。

転職する人の共通の目的は「転職する」ということではなく、転職し自分の希望に近づけることです。活動を行こなっていくなかで見失いがちな「重要な目標」となります。忘れない様にしましょう。

転職前に確認しておくこと

転職に失敗する人はいくつかの欠点があり、ありがちな考え方をしています。

以前より悪い会社に転職してしまい環境の悪い結果にならないようにしましょう。

ポイントを確認するための画像

勢いになって辞めようとしない

上司に怒られた、仕事が上手く行かないなどの理由で嫌になってしまい感情的になってしまい退職するという決断をしてしまったという話もあります。一度辞めようと思ってしまうと自信を正当化しようと周りのすべてが嫌になってしまうのが人間です。この状態では特にプランを考えることはなく退職届をだしてしまいがちです。重要な決断なので勢いで決めるのは避けるべきだと言えます。

自分の強みを明確にしよう

中途採用では即戦力が必要となりますので「あなたの得意なことはなんですか?」と聞いても、即答できない人は転職しない方がよいでしょう。専門スキルをもってないと厳しいと言われています。自分のスキルを高めるために日々努力している人が転職に成功すると言えるでしょう。

外国人がガッツポーズしている画像

積極的な行動を心がける

自分の考えや意見を持って、行動をしましょう。意外とこの重要なことが出来ない方が多く、上司の指示だけで動くのではなくて、自分でやるべきことを考えて行動できなければ、転職で成功することは難しいです。言われて行動するだけならバイトでも良いわけですし、あなたを採用する必要がないのです。

先ほども言いましたが、中途採用で要求されるのは即戦力です。ですから、自分の考えを持って行動する人でなければ、企業から求められることはありませんので、現在の自分の仕事を振り返ってみて、自発的に行動しているかを考えてください。

まずは、自分の行動を変えることが大切です。

辞める覚悟について

当然ですが、転職するということは今いる職場から別職場に変わるということ。

新しい職場でやっていけるのか不安、志望企業に採用されるのか不安、任される仕事は本当にやりたい仕事なのか不安。ということがあると思いますがそれは情報不足だったりが原因だったりしますのでしっかり調べておくことで解決できることがあります。

また、そのような不安は意外にも転職活動をすることによって解決するなんてこともあるかも知れませんので、自分がいま気になっていることに調べて、活動してみると良いでしょう。転職についてはリクナビNEXTやマイナビエージェント、type転職エージェントなどあるのでそちらを上手く活用してみると良いかも知れません。

上手な転職の仕方とは

上手な転職とはどのようなことを言うのでしょうか。情報収集がきちんとできている人、やめる理由がしっかりと決まっていることと上記であげました。答えとしての正解は手際がよく会社の誰にも転職活動をしていることがばれていない人のことです。ばれてしまうと任されていた仕事から外されてしまうということもあります。裏切者扱いにされてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

休日を上手く利用して転職活動をするのが良いと思います。もちろん有給休暇を利用して転職活動をすることもおすすめしますが、急に休んだり、今までになかった行動をしてしまうと怪しまれるので有給をとるのであれば週の半ばではなく月曜日か金曜日の日にしましょう。

もう一つは誰にも話してはいけないということです。情報というのはどこで広まってしまうのかわからないため、家族や親しい友人に対しても話すのはあまり得策とは言えません。

事情を話せばわかってくれる会社もあるので気軽に相談してみましょう。

転職活動中でも働いた方が良い

転職活動がばれないためにも今の仕事を辞めてから探そうという方もいらっしゃると思いますが、金銭的に余裕を持たせるためには今の仕事を続けながら転職活動を行った方がいいと言えます。

駆け抜けるサラリーマン

更に、会社をやめた人が月々の生活を支えるために雇用保険の失業給付金が支給されます。しかし、自己都合で退職した場合、3ヶ月間は失業給付金を受け取れず、収入ゼロの状態が続くことになります。加えて、社会保険が国民健康保険と国民年金に切り替わることで毎月の負担が増えます。仮に、転職活動が長期化するほど貯金がどんどん減ってゆき、焦りから目先の企業への入社を決めようとしがちになってしまいます。

適当に決めてしまったがためにまた人間関係や仕事が合わずに転職したいと思ってしまい負の連鎖にはまってしまいます。よって、働きながら転職活動をしていれば、お金の心配は不要になります。じっくり時間をかけて良い求人が出るのを待つこともできますし、応募した企業に事情を話せば、就業時間後の面接をセッティングしてくれる場合もあります。

退職する理由こそ転職先の条件

退職する理由は現職に対する不満、特に我慢できなかったことなどが退職するきっかけになったはずです。なぜ我慢できなくなったのか、その理由がはっきりとしていている人ほど似たような職場に行くことはないため転職に上手く行く人の特徴と言えます。

退職理由に良し悪しはなくても理由があいまいなまま転職活動はしないように心掛けましょう。新しい環境や良い点などに気を取られて、気づかずに似たような職場に就き、似たような不満を持つということは少なくはありません。最低でも「働きたくない職場の条件」を決めておきましょう。

転職は誰にもバレずにおこなう

ばれない様に覆面を被ろうとしている男の人の画像
転職をする際にはいつもどおり働くようにしましょう。なぜかというと転職するとバレてしまっては重要な仕事は回してもらえなかったり、給料が下げられてしまったりしてしまいます。そうなると、あなたは今の職場にいる意味がなくなってしまいます。仮に転職に失敗したときにどっちつかずとなってしまうためできるだけバレない様にするのが良いかと思います。

有給制度を調べておく

会社によっては残りの有給の分を払い戻ししてもらえる場合があるので、確認しておくのが良いでしょう。退職が決まった後でも労働者に与えられた権利なので問題なく有給をとることが出来ます。またその有給を取得するにも、職場に迷惑をかけないのが一番大事だと考えるべきであり、引き継ぎ期間を考慮した退職日の設定をしたりなど事前の準備が欠かせません。もちろん上司には知られずに行うことが基本になります。

しかし、退職日に関しましては有給消化と引き継ぎの期間を十分に考慮した上で会社と相談します。退職日を越えて有給休暇を取ることは出来ませんので、無理に有給を消化し切ろうとして会社の業務に支障のきたすことのないように、退職日をしっかりと上司と相談して決めましょう。

引き継ぎはきっちりと行う

担当業務は完了させて、区切りのいいところで終わらせる。そして引き継ぎ作業に全力を注ぐ、早出や残業を厭わずに行うことが重要にその姿勢が大切です。新たな業務を行うときは責任者になってしまうと退職しにくくなるので後任者のサポート側に回るのが一番良いです。また退職日が決まったらスケジュールを立てて担当業務の整理と引き継ぎ作業でルーチン業務の仕事量やサイクルなおの仕事量から逆算してスケジュールを組みます。トラブル対策も含めて余裕を持ったプランを立てておくと良いでしょう。

引き継ぎマニュアルを作りましょう

口頭だけで引き継ぐのはトラブルのもとになるのでできるだけ細かい項目単位でつくりましょう。細かく作ることにより万全な状態で会社を後にすることが出来ます。適当に済ましてしまうと転職した後も会社から呼び出されてしまい面倒なことになってしまいます。

取引先へのあいさつも引き継ぎ業務の一つです。ただし、場合によっては、会社として報告しなければならないこともあるので、まずは上司に相談して、会社の判断に従いましょう。そんな事態に備えるうえでも、あらかじめ準備しておきたいのが「引き継ぎ計画書」です。

業務の流れや実務作業の要点などを、テーマ別や取引先別などに整理。上司や同僚はもちろん、新しく入社する後任者が見ても分かるように見やすく工夫するといいでしょう。

転職のメリットとデメリット

何度も言いますが、転職は人生の転機とも言えます。会社に残るのか転職するのか迷っている方はいます。一方、今のまま働き続けて後悔してしまうこともありますので慎重に考えるべきです。その決定のきっかけになればとメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

メリット

待遇面の向上が期待できる

現在の職場の不満も転職することで解決できることがあるかもしれません。残業や休日出勤に不満があるのであれば転職をすると良いでしょう。ただ、注意すべきことは求人に書いてあることを鵜呑みにしてはいけません。転職サイトやエージェントなど様々な手段を駆使してしっかり情報を手に入れましょう。

心機一転して働くことができる

新しい環境で働くことで今までと違う気持ちで働けます。ずっと同じ気持ちや環境で働いていると自分のなかでの成長が止まってしまう場合もあるのでそういった点では転職は心機一転という意味ではおすすめです。

自分のやりたいことを極められる

転職するということは自分のやりたい方向性というところに特化したくて転職を行う人もいます。入社した当初は制作職を希望していたのに営業職になってしまったり、地方にいきなり転勤になったり、など家族を持つ者としてはこれは避けたいことだと思います。転職の際に、希望通りの仕事や企業に就くことができれば、自分のやりたいことや極めていきたいことができるチャンスになります。

新たな可能性に向けて行動できる

この理由が一番多く最大のメリットだと思います。今の職場では発揮できない自分の新たな可能性を探すために転職をする。また、身に着けた力を他で発揮したい、将来へ新たな可能性を見いだしていきたいなどと考えている人はぜひ転職をすることをおすすめします。

デメリット

退職金、企業年金が不利になる

収入アップのために転職をしている人もいらっしゃるかと思いますが、将来的に収入が減ってしまうというリスクもあります。勤続年数が多いほど有利で良いのですが、転職するとリセットされてしまいます。最低でも3年は勤続していないと退職金を払ってくれない会社がほとんどという実態にあります。特に30代後半以降の方で転職をする場合、年収が下がる可能性は高いのでよく考えてから行動しましょう。

福利厚生のどの待遇不利になる

人事制度(有給や早期退職、株式など)で勤続年数が影響しているものがあります。長く勤めている人ほど優遇されるのですが、転職をすることにより、満足のいく待遇が受けられないこともありますので、注意が必要です。

ショックで落ち込んでいる人の画像

また、上記で説明したとおり賞与や給与に影響します。転職が成功して、すぐに他の会社に入れたらよいのですが、入れなかった場合の空白の時間は収入が入って来ません。

自己退職の都合の場合だと失業保険が支給されるまでに3カ月ほどの時間がかかるためある程度収入がない場合はとても苦しい生活になるでしょう。

問題が解決するとは限らない

例として人間関係に不満があった場合、転職したからといって上手く行くのでしょうか。人間関係に関しては入ってみないと分かりませんし、「アットホームは社風」などまさに行ってみないと分かりません。最悪の場合、前職よりもさらに過酷な状況なんてこともあり得ます。

人間関係のことについていうと実績や信頼関係も一から作り直さないといけないためその負担やストレスなども影響してきます。すべてが上手く行くものではないと考えていた方が良いと思います。

よくある失敗例

転職に限らず失敗例をあらかじめ知っておくことでこれから起きる失敗を避けることや成功するにはどうしたらいいのか、自信を持てるきっかけになればと思いまとめてみました。参考にしてみてください。

失敗例

勢いで辞める

上司に怒られた、仕事が上手く行かないなどの理由で嫌になってしまい感情的になってしまい退職するという決断をしてしまったという話もあります。
一度辞めようと思ってしまうと自信を正当化しようと周りのすべてが嫌になってしまうのが人間です。この状態では特にプランを考えることはなく退職届をだしてしまいます。辞めた直後はすっきりしますが、後々に収入がないため不安になってきます。転職しようにも勢いで辞めたため、特に目的がないので上手く行きません。結果辞めない方が良かった、退職したことを後悔することになります。

なんとなく辞めたいと思う

長く勤めていると毎日同じことの繰り返しになってしまい、仕事に対して面白みややりがいをを感じなくなり、辞めたいなあ、なんて思ってしまうケースはよくあります。
しかし、このように辞める理由や転職理由がそこまで固まっていないまま転職活動をした場合、万が一転職活動が失敗したとき「勢いで前の会社辞めなければよかった…」なんてことになってしまいます。

このように特に今いる会社に不満が無いのであれば、会社を「辞める」という考えは、もう一度じっくり考え直した方が良いのかもしれません。
今の仕事が気乗りしないのであれば、別の部署に異動するという選択肢もあります。
自分が恵まれた場所にいることを理解して、退職以外の方向性を考えてみてください。

今の給料に不満を持っている

今の給料に不満を持ったり、給料アップを期待して、転職をする人も多いようです。
しかし実際、転職をしても給料が上がるとは限りません。

まず、自分の収入が少ないと感じるのは、何と比較しているのでしょうか。
高すぎる比較対象であった場合、収入が少なく感じるのは当然です。
なので、適正な比較対象なのかどうかを、検討してみる必要がありますね。

また、年収や月収がいくらであれば良いのか。自分の希望する額を出してみて、それが自分のスキルに見合っているのかも検証する必要があります。
自分の実力以上の年収を望んでいるのなら、転職しても叶うことは無いでしょう。
なので、自分の願望が適正なのかどうかを考え直してみてください!

最後に…

いかがでしたでしょうか。転職とは勢いでするものではなく人生の転機として行うものであるため、軸をしっかりともつことで成功するということがお分かりいただけたでしょうか。また転職活動を安定させるためには、今の仕事は辞めずに続けながら行うことが成功の秘訣です。今務めている会社に転職するということがばれない様にすることでスムーズに退社する事が出来ます。しっかりとした準備と自分のなかの転職をする理由を事前に考えておくことで転職活動が上手く行くことでしょう。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

うきょりんです。 好きなものはドラクエです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする