エンジニア版!会社勤め×フリーランスは結局どちらが良いのか



システムエンジニアやWebデザイナーなどのIT分野の人材不足は年々深刻化しています。供給に対して需要が過多になっている状況と言えます。そんな状況だからこそ、正社員・フリーランスにとらわれずエンジニアにとっては非常に仕事がしやすくなっているのではないでしょうか。今回はそんなフリーランスのエンジニアについてまとめてみました。

フリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアとは、正社員とは違い自分で仕事を受注して仕事をしているエンジニアのことを言います。営業からディレクション、開発までを全て自分で行う必要があるので会社員のエンジニアにはないスキルも必要になってきます。しかし、収入の上限がないことや、働き方の自由度がかなり高いことも相まって近年フリーランスのエンジニアを目指す方も増えてきています。

会社勤めとフリーランス、どこが違う?

拘束時間の違い

やっぱり一番大きいのは時間じゃないでしょうか。サラリーマンは毎朝決められた時間に出社しないといけませんが、フリーランスには何時から始めないといけない、なんて決まりはありません。完全実力主義なので納期さえ守っていれば、昼まで寝てそれから仕事を始めることも可能です。満員電車の乗って通勤する必要がないのも魅力的ですね。また、サラリーマンは仕事とプライベートの境界がきっちり引かれるのでオンオフの切り替えがしやすいです。それに比べてフリーランスの場合は自宅で仕事をすることが多いのでオンオフの切り替えを自分でしないといけません。

意思決定の違い

多くの場合、サラリーマンは経費の申告から契約などの事務仕事も上司の許可をとらないといけません。しかしフリーランスは誰とどんな契約を結ぶか、何にお金を使うかなど全て自分で意思決定をすることができます。

収入の安定度の違い

当たり前ですが、サラリーマンよりもフリーランスは収入が安定しません。完全実力主義なので仕事が全く取れなかったら月の収入が0円なんてことになりかねません。その代わりにスキルを身につけたり、頑張れば頑張るだけ収入が上がっていくことが多いです。

社会的信用の違い

フリーランスになってからクレジットカードの申請をしたら、十分な収入はあるのに審査で落とされた、という経験をした方は多いのではないでしょうか。上記にもある通り、フリーランスは収入が安定しない働き方なので、住宅ローンや車のローンを始めとしたローンなどに落とされたり、ローンを組めても金利が普通よりも割高になったりします。これに関しては長くフリーランスを続けていたり、法人化したりすることによって多少は軽減されますが、それでもサラリーマンや公務員と比べると信用が低いです。ですので、これから会社を辞めてフリーランスになろうとしている方で、ローンを組む予定がある人は会社を辞める前にローンを組んだ方が良いでしょう。

身につくスキル・知識の違い

サラリーマンは自分に与えられた業務内容はある程度決まっています。エンジニア職の人が経理の仕事はしないですよね?しかしフリーランスでは、通常の業務に加え、法律・会計・営業など全ての業務を自分で行う必要があります。大変そうですが、本やネットで調べたり、フリーランスの先輩に聞いたりしてなんとか解決するそうです。決断力・行動力・問題解決能力などあげればキリがないですが、0→1を作る力はとても身につきます。

人付き合いの違い

フリーランスになると会社以外の人との関わりが非常に増えます。フリーランスのとって人脈作りは仕事をもらえるか否かの重要な要素なので、SNSや交流会でエンジニア同士で交流したりと何かと外に出る機会が増えます。

仕事はどこから取ってくればいいの?

サラリーマン時代だったら、会社の営業部が仕事を持ってきてくれるので自分は特に動かなくてもプロジェクトにアサインされるでしょう。
しかしフリーランスとなるとそうもいきません。自ら営業活動をして契約を取らないと仕事になりません。しかしいきなり企業に対して飛び込み営業をするのもなかなか辛いと思います。うまくいっているフリーランスエンジニアは飛び込み営業で契約をバンバンとってきている、というようなイメージを持っている人もいますが、案外飛び込みをしなくても仕事を取る方法はあったりするものです。

営業は大きく分けてPULL営業とPUSH営業に分類されます。PUSH営業をさらに細分化すると新規営業と既存営業があります。契約率が高い順に並べると、
PULL → 既存 → 新規
となります。新規営業が最も難しいので飛び込み営業は骨が売れるとよく言われるのですね。

友人・知人などをまず当たる

実は多くのフリーランスの人は、どの業種でも友人・知人から仕事をもらうことが多いそうです。上記の画像は平成27年度の「小規模事業者の事業活動の実態把握調査~フリーランス事業者調査編」という報告書です。画像から見てもわかる通り、仕事の50%以上を知り合いから受注しています。

営業の基本

エンジニアに限らず、他業種でもまずは知人から営業をかけることは有効とされています。当たり前ですが、初対面の人よりもすでに信頼関係が築けているので話を聞いてくれやすいからです。より知人から仕事をもらいやすくするために、独立前や直後などにFacebookで「フリーランスとして独立した」や「〇〇ができるので仕事あったらください」などと投稿すると良いと思います。そこから何件か仕事につながることもあるでしょう。

紹介をもらう

大事なのは実績と人柄

営業をする上で紹介をもらうことは非常に有効です。

紹介をもらうためには、とにかく今までに仕事をくれたクライアントを大事にしましょう。納期が遅れたとか、レスポンスが遅い、仕事が思っていたクオリティよりも低かった、などの不満があれば当然ながら紹介をもらうことは不可能になります。より多くの仕事を受注して、より多くの収入を得るためにも、常にクライアントファーストを意識しましょう。

新しい人脈を開拓する

既存営業のみではいつかリスト(仕事をくれそうな人)が尽きてしまいます。
常に新規開拓はしなければなりません。ただ飛び込みをするよりももっと効率的な営業方法がイベントやSNSなどで異業種の人の人脈を作ることです。
異業種交流会のようにビジネスライクなイベントから、おしゃれなカフェで開催されるお茶会のようにカジュアルなものまでたくさんあります。特にお茶会などでは平日の日中がおすすめです。そういった時間帯に来る方はフリーランスをされている方が多いので、ダイレクトに仕事に繋がるかもしれません。
下記はイベントなどを探すときにおすすめのWEBサイトです。

コリュパ

コリュパのHPはこちら
異業種交流会からカフェ会、合コンまで幅広い種類のイベントが掲載されているサイトです。

Facebook

FacebookのHPはこちら
言わずと知れた世界最大のSNSです。コリュパで掲載されるようなカフェ会などはあまりないイメージですが、勉強会やセミナーなどが多く掲載されているイメージです。

Peatix

PeatixのHPはこちら
これも様々なイベントが掲載されています。サイト内で参加費を決済できるのがとても便利です。

エージェントを活用しよう

フリーランスのエンジニアは企業と業務委託契約を結んで仕事を請け負うのも一つの手です。あくまでも正社員ではないので保険や年金などは自分で負担しないといけませんが、より高度なスキルを身につけることができたり、企業規模の人脈が広がったりなどそれ以上に様々なメリットがあります。また最近はリモートワークといって出勤せず遠隔から仕事をするという働き方も普及しつつあります。
ただ1人で業務委託を結ぶ企業を探すのはなかなか大変です。転職エージェントを利用すれば希望する条件の企業とマッチングできる可能性が広がります!
以下は老舗で案件が豊富にある紹介エージェントの2社です。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスのHPはこちら
運営会社:レバレジーズ株式会社
業界最大級の案件数を誇るレバテックフリーランス。エンド直受け案件が非常に多いので抜かれるマージンが少ないのが特徴です。

ギークスジョブ

ギークスジョブのHPはこちら
運営会社:ギークス株式会社
レバテックフリーランスと同じく豊富な案件数が魅力の転職エージェントです。
年間3000人以上のフリーランス支援を行なっており、数多くの実績を残しています。

クラウドソーシングを利用しよう

クラウドソーシングで空いた時間に仕事を受注するのも手です。以下の2社は日本最大手のクラウドソーシングサービスを提供する会社です。自分の持っているスキルに合わせて仕事が受注できるのが魅力です。

Lancers

LancersのHPはこちら
言わずと知れたクラウドソーシング最大手です。HP制作、アプリ開発、インフラ周りの案件など、自分の持つスキルに合わせて案件を選べます。

Crowd Works

Crowd WorksのHPはこちら
Lancersと並ぶ日本最大手の一つです。報酬金額が20万円よりも多くなるならシステム手数料が無料になるのでクラウドワークスの方がおすすめです。

最後に

いかがでしたか?働き方の自由度がかなり高く自分の理想する生活に合わせて仕事ができるのが魅力のフリーランスという仕事。その代わり、会社員とは違い全てのことを自分でやらなければいけないので常にアンテナを張って最新の情報を収集するようにしましょう!

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学ライター / 趣味はカメラとギターと麻雀です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする