フリーランスのWebデザイナーになるには?事前準備や仕事の探し方をご紹介


デザインをすることが好きな人や得意な人のなかには、将来フリーランスとして活躍したいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回は、フリーランスのメリットやデメリット、フリーランスとして活躍するための準備方法を紹介します。ぜひ、将来の目標や働き方を考えるときの参考にしてみてくださいね。

フリーランスのデザイナーの種類


デザイナーとは物をより美しく見せたり機能性を高めたりするために工夫を凝らす仕事を指します。一言でデザイナーといってもさまざまなデザインがあり仕事内容も多岐にわたります。そのため、さまざまな専門知識が必要となるケースもあります。なかでも、フリーランスデザイナーとして活躍している人が多い業種には次のようなものがあげられます。

フリーランスデザイナーの種類を紹介

フリーランスで活躍している人が多いデザイナー職にはさまざまなものがあります。紙面やウェブのデザインだけでなく、ファッションや空間のデザインもデザイナーの仕事です。どれも専門性が高く知識が必要となるため、需要がある仕事です。デザインが好きで仕事にしたいという人は、どのようなデザイナーが向いているのか一度検討してみるといいでしょう。

webデザイナー

ウェブサイトに携わるデザインをする仕事です。ウェブサイトを美しく見せるためのコーディングや企画構成、画像の製作、細部のデザインまで仕事内容が幅広いのが特徴です。それぞれ専門的な知識が異なるため、担当が別れている場合も多いです。ウェブサイト市場の拡大に伴い、需要も多くフリーランスも多数活躍しています。

グラフィックデザイナー

印刷物のデザインを行うのがグラフィックデザイナーの仕事です。商品のパッケージやチラシ、名刺、ロゴなど幅広い商品のデザインに携わることができます。宣伝力があり訴求性のあるデザインが求められる場合が多く、マーケティングの知識も補っておくことでデザイン企画の強みとなります。グラフィックデザイナーもフリーランスとして活躍している人が多い分野です。

イラストレーター

ウェブサイトや紙面などで使用するイラストを作るデザイナーです。クライアントの要望に合わせたイラストを書く必要があるため、さまざまなテイストのイラストを書き分けることができる必要があります。イラストを書いたり絵を書いたりすることが得意な人に向いている仕事です。挿し絵やイラストは需要のある分野なので、フリーランスとして活躍している人が多くいます。

DTPデザイナー

パンフレットや冊子を作成するときに必要となるのが、文字やイラストのレイアウトを行うデザインです。より見やすく、そして美しいレイアウトに仕上げることがDTPデザイナーの仕事です。そのため、印刷するためのデザインという専門的な知識が必要となります。在宅で作業することも可能なのでフリーランスとして活動しやすいデザイナーです。

フリーランスと会社勤めの違い


フリーランスとは会社や団体に所属しないで自分の特技や能力を生かして働く働き方で、クライアントから仕事の依頼を受けるたびに契約を結びます。フリーランスは会社員とは異なり、どれくらい仕事を受けるか、どのような働き方をするのかにより給与が異なります。フリーランスにはどのようなメリットとデメリットがあるのかまとめてみました。

フリーランスになるメリット・デメリット

自分の強みを生かして働くことができるフリーランスのメリットは、何と言っても自分のライフスタイルに合わせた生活を送ることができるところです。仕事をする場所や時間は自分で選ぶことができます。一方で、会社勤めとは違い会計や庶務などを全て自分でこなさなくてはなりません。また、常に仕事があるという保証がないというのもフリーランスならではのデメリットです。

メリット

フリーランスの最大のメリットとして挙げられるのは、時間や場所の拘束がないところです。契約を結んだ仕事をこなすことさえできれば場所や時間を選びません。そのため、プライベートや自分の時間を大切にすることができます。もう一つの大きなメリットは収入を増やすことができるところです。自分の能力や頑張りが収入に直結します。これは仕事へのモチベーションアップにも繋がります。

デメリット

フリーランスのデメリットとして考えられるのは収入が安定しない可能性があるというところです。仕事ごとの契約になるため、その仕事が終了した後に次の仕事があるという保証はありません。また、会社に勤務している場合とは違い、福利厚生がないところもデメリットです。健康保険や年金の管理、確定申告も自分自身で行わないといけないため、手間が増えると感じる人もいるでしょう。

フリーランスのデザイナーになるためには?


自分自身の能力を生かしてフリーランスデザイナーとして活躍したいと考えている人も多いのではないでしょうか。まずは、自分が得意とする分野を生かすことができる仕事にどのようなものがあるのかリサーチしてみるといいでしょう。 他にも、フリーランスデザイナーとして活躍するための基盤を整えるため、次のようなことに取り組んでみるのも一つの手段です。

ポートフォリオを作成する


デザイナーとしての仕事を探すときに必須アイテムとなるのがポートフォリオです。自分の実力や作品、過去の仕事をアピールできる重要な役割を果たします。最近はポートフォリオ作成サイトを使用して、簡単に作成することもできるようになりました。自分の強みをアピールできる履歴書代わりのアイテムになるため、常に更新するように心がけましょう。

得意分野のスキルアップをする


フリーランスデザイナーとして活躍するためには、自分にしかできないスキルが必要となります。そのため、自分が活躍したいと考えている分野に必要なスキルを、3年後や5年後の目標を見据えて身につけるようにするといいでしょう。まずは今の自分に不足しているスキルや補いたいスキルを書き出します。そして、そのスキルを補うための方法を探していくと効率的です。

仕事の探し方


フリーランスになると、自分で仕事を見つけてこなしていかなくてはなりません。将来、フリーランスデザイナーとして活躍するためには仕事の探し方を知っておく必要があります。仕事の探し方や方法が偏ると、いざというときに頼る場所がなく困ることがあります。少なくても2つから3つは頼りになる手段を見つけておくと安心です。

既存の取引先や営業先を頼る

現在、デザイナーとして会社などに所属して勤務している場合は、既存の取引先や営業先を持っている場合がほとんどではないでしょうか。このような取引先とフリーランスになってからも仕事を貰える関係を築くことができていれば、スタート時の仕事に困ることが少なくなります。各々の会社の方針もあるため相談しながら進めるといいでしょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングはウェブのシステム上でデザインの依頼から納品、報酬の支払いまでを完結することができるサービスです。さまざまな仕事を受けても同じ口座に一括して報酬が入るため、収入の管理を簡単に行うことができます。また、仕事の連絡もサービス上で行えるため、個人情報を教える必要がありません。多種多様な仕事があるため、登録しておくだけでも仕事を探す手がかりになります。

仕事の営業をかける

今までの経験や強みを生かして、自分のやりたい仕事ができるクライアントに営業をかけるのも一つの手段です。自分で仕事の単価を決めることができるため高収入につながる方法です。この場合はデザイナーとしての能力だけではなく、自分自身をアピールするための営業力も必要となります。フリーランスになりたいと考えている場合には、営業力も養っておくと仕事を見つける上で有利となります。

フリーランスのデザイナーになるための準備をしよう!

フリーランスとして活躍するためには、自分の得意な分野を強みとして生かすことができるように準備をすることが大切です。どのような働き方をしたいのか、具体的なプランを考えてみましょう。フリーランスは会社勤めとは異なり自分でやるべきことが多く大変な部分もありますが、自分の生き方やライフスタイルに合った働き方ができるようになりますよ。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です! みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます