初心者必見!簡単で効率的にできる 確定申告会計ソフト5選[2017版]


今年から確定申告はじめようと思うけど、勉強しようにも時間がない。作業も難しくて面倒そう。簡単にできるソフトがあるみたいだけれど一体どれがよいのかわからない。「確定申告=時間がかかる」というイメージになりがちです。そもそも確定申告が何かわかっていない人もいるのではないでしょうか?そのような方向けに簡単で効率的にできるソフトをまとめてみました。

確定申告とは

確定申告とは、一年間の所得を計算して、翌年の間に国に申告する手続きのことです。公民の授業で習った国民三大義務の「納税の義務」にあたります。申告する際に、帳簿への記帳と記録への保存が義務付けられました。

確定申告をしている画像

故に領収書の保存や請求書の保存収入金額や必要経費が記載してある帳簿…などたくさんの記録と保存をしなくてはなりません。日々コツコツとやって行かなくてはいけないのですがこれがまた面倒だと思っている方は少なくはないと思います。

そもそもなぜ申告しなくてはいけないのか

悩んでいるスーツを着た男性の画像

冒頭にも書きましたが、確定申告をするにはいくつかの書類を準備しなくてはなりません。

確定申告書A様式 一般的にサラリーマンや年金受給者が使用
雑所得、総課税の配当所得、一時所得のみ利用可能です。

確定申告書B様式 誰でも利用できる申告書
個人事業主などの事業や農業、不動産で収入を得ている場合はB様式です。

源泉徴収票
給与所得者は勤務先から源泉徴収票が発行されます。
年度途中で勤務先が変わっている場合は新たな勤務先への源泉徴収を済ませてない場合前職にも必要です。

各種控除関係の書類
年間の医療費の額が控除対象となる場合には、医療機関の受診の控えを提出します。
国税庁

住宅ローン控除
スーモ

・青色申告決算書(青色申告の場合のみ)

・収支内訳書(白色申告の場合のみ)

白色と青色の違い

白色申告は、簡単な帳簿づけで良いですが、青色申告に適用される特典が適用されません

青色申告は白色申告よりも難しい帳簿づけになりますが特別控除により、節税ができるので他にもいくつかの特典が用意されています。個人事業を開業して、特に何も申請しなければ白色申告扱いになります。青色申告するには、事前に税務署へ申請書を出しておく必要があります。

「節税するほどの所得もなければ、簿記による帳簿付けとか面倒…
簿記についてあまり分からないな…」

という方は白色申告という扱いになります。

「節税したい。ちょっと頑張って帳簿付けをしてみるか!家族の給与は経費にするぞ!」など意気込みがある方は青色申告になります。


さて、白色と青色の区別をしてきましたが、簡単に確定申告としての説明をしましたが、より詳しく知れる記事がこちらになります。

それでは本題に移ります。

簡単に効率良く使えるソフト

パソコンの前でガッツポーズをする男性の写真

「わざわざお金を払ってソフトを使う理由があるの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、自分に合ったソフトを使うことにより大幅に時間が削減されます。

さらにその削減された時間により、事業や家族と過ごす時間や趣味の時間にあてることも可能です。時間に余裕ができることにより仕事もはかどるというものだと思います。
ここではそのような役に立つソフトを紹介します。

クラウド型、インストール型の違いについて

【インストール型】

インストール型とは、その名の通りPCにインストールするタイプです。よってオフラインでの利用が可能になります。しかし、インストールしたPCしか使うことができず、さらにPCの不調や買い替えなどによる再インストールやデータのバックアップにより苦労が絶えません。
また年に一回のバージョンアップを行わないといけないためその料金もかかります。

【クラウド型】

インストール型と違ってソフトをダウンロードする必要がありません。
サーバーが外部にあるためどの端末からもブラウザからアクセスし記帳できるタイプのソフトになります。もちろん端末に依存することがないのでインターネットにさえつながっていればいつでも利用して作業を行うことが可能です。

青色用紹介

青色申告ではかなりの書類の届け出など複雑なことが多いのですがこれに紹介するソフトではそれも簡単になります。

クラウド型

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告のHPのスクリーンショットの画像
【URL】 MFクラウド確定申告のサイトはこちら
【金額】・フリープラン 0円

・ベーシックプラン 800円/月 8,800/年

メールチャットサポートを使いたい方

毎月の仕訳件数が15件を越える人向け

・ベーシックプランあんしん電話サポート付き17,200円/年

確定申告が不安な人

不明点をすぐに解決したい人

【対応機種】Windows/Mac両対応 スマホアプリで利用可能

【特徴】他者の確定申告ソフトから乗り換えが簡単に行うことができます。
レポート共有機能やユーザーを追加することにより複数拠点・複数メンバーでリアルタイムに会計データの入力可能です。また、アプリとの連携が可能なため他のデバイスからの入力が容易になっており、効率よく空いた時間に利用して作業を進めることができます。

メールチャットサポートは、毎月の仕訳件数が15件を越える人向けで、確定申告が不安な人不明点をすぐに解決したい人などに向いています。

やよいの青色申告 オンライン

やよいの青色申告のHPのスクリーンショットの画像
【URL】 やよいの青色申告 オンラインのサイトはこちら

【金額】・セルフプラン 一年間 無料 次年度は8640円/年

・ベーシックプラン 一年間 6480円 次年度は12960円/年

 【対応機種】Windows/Mac両対応 PC・スマホで利用可能

【特徴】すぐに始めることができ、簿記の知識は不要、かつ、帳簿でも伝票でも入力が可能です。
決算・申告資料の作成も楽々/クラウド連携でもっと便利にセルフプラン付き/ベーシックプランは電話/メールサポートつき /スマート取引取込、データ共有サービス、データバックアップサービス/確定申告相談/仕訳相談/経理業務相談/消費税改正業務相談

電話サポートが大きな特徴であり、わからないことがあればすぐに対応してくれます。

freee

freeeのHPのスクリーンショットの画像
【URL】 freeeのサイトはこちら
【金額】お試しプランあり

・スターター 980円/月(税抜) 9,800/年(税抜)

・スタンダード 1,980円/月(税抜) 19,800/年(税抜)

・プレミアム 3,980円/月(税抜) 39,800/年(税抜)

【対応機種】Windows/Mac両対応 PC・スマホで利用可能インストール型

【特徴】クラウド型の特徴とも言える銀行口座やクレジットカードなどの連携サービスからデータを自動で仕分け登録してくれます。
レシートなどをスマホで撮影するだけで取り込みができ、簡単に収支管理が行えます。
また、質問に答えるだけで確定申告書が完成するのでとても便利ですね!

さらに確定申告以外にも使うことができます。

積書・請求書・納品書の発行/銀行口座・レジとの連携/現金売り上げの入力/経費の把握し管理・記録/会計帳簿を作成や経営分析経費の精算、部門別管理、定期・合算請求など/青色・白色決算書(事業用・不動産用)青色・白色申告書 消費税申告書/総勘定元帳 損益計算書 貸借対照表/現金出納帳 固定資産台帳 など

インストール型

やよいの青色申告

やよいクラウド会計ソフトシリーズの画像

【金額】12,960円

【対応機種】Windows/PC用

【特徴】初心者向けの簡単取引入力簡潔帳簿です。

残高試算表・補助残高一覧表・日計表・現預金明細表・消費税集計表
実際の提出用紙と同じ様式のフォームに入力(青色申告決算書、確定申告書B・第一表~第四表)PCに保存可能 スピードは快適です。

みんなの青色申告

みんなの青色申告ソフトのパッケージ版の画像

【金額】10800円

【対応機種】Windows/PC用

【特徴】通帳の中身を確認することができ、取り組んだ明細はずっと保存し閲覧が可能です。3日付や入金明細、出金明細などを条件を指定して明細を検索することもできます。パソコンを起動するだけで自動で明細を取得。自動明細取込機能があるので、明細の照会可能期間が短い金融機関をご利用で取り込み忘れが心配という方も安心です。

白色用紹介

白色申告のメリットは、繰り返しになりますが、記帳が簡単で、申告手続きも複雑ではないということです。経費をおおまかに計算するだけで申告ができるので、確定申告に苦手意識を持つ人にとっては最適の申告方法だといえると思います。

クラウド型

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告のHPのスクリーンショットの画像

青色版と白色版どちらもつかえるので上記で紹介した内容と同じです。

やよいの白色申告 オンライン

やよいの白色申告のクラウド版のHPのスクリーンショット画像
【URL】 やよいの白色申告 オンラインのサイトはこちら

【金額】・フリープラン 無料

・ベーシックプラン 8640円(年)/初年度4320円

【対応機種】Windows/Mac両対応 PC・スマホで利用可能

【特徴】ベーシックプランは1年間 8,640円(税込)→ 4,320円/年(税込)で利用できます。
確定申告書類が作成できます。電話/メール/チャットサポートが利用できます。
仕訳相談/確定申告相談/経理業務相談/消費税改正業務相談/マイナンバー相談が利用できます。

インストール型

やよいの青色申告

やよいクラウド会計ソフトシリーズの画像

インストール型の弥生シリーズには、青色確定申告版のみしかございませんが、
こちらは青色版と白色版どちらもつかえるので上記で紹介した内容と同じです。

インストール型とクラウド型どちらがおすすめ?

インストール型とクラウド型のソフトを紹介してきましたが、個人的にはクラウド型の方がおすすめです。

確定申告を行う場所にネット環境が整ってないのであればインストール型の方が良いのですが、ネット環境が整っているのであれば機能面的にクラウド型をおすすめします。

クラウド型最大の利点は、PC、スマホ、タブレット、様々なデバイスでの入力が行えるので、入力はほぼいつでもできます。また、インストール型では通帳を見ながら手入力をしなければならないのですが、クラウド型ですと銀行口座やカード情報を共有できますのでその分の時間が削減できます。

値段に関してはどちらもあまり大差がないと思います。インストール型も毎年ソフトを買い替えないといけませんし、クラウド型も毎月/年間で、お金を払わないといけません。ただ、クラウド版は毎年アップデートされるため買い替える必要がありません。なので、これから乗り換えまた簡単に効率的に作業をしたいのであればクラウド型の利用をおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか。
本当に不安な人は電話サポートもあるのでそちらも利用してみると良いかもしれません。
最も重要なのは自分の作業環境に合わせて一番効率よくできるものを選ぶことだと思います。今回、紹介したのでソフトを使って効率良く確定申告を進めていただけると幸いです。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

うきょりんです。 好きなものはドラクエです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする