フリーランスの仕事の探し方は?紹介やSNS、求人サイトなど方法は様々


フリーランスとして働きはじめるためには、どのように仕事を探すのかを知っておかなければなりません。この記事では、フリーランスの方々がどのように仕事を探すことができるかについて詳しくまとめてご紹介します。クラウドソーシングサイトに登録することや、SNSを利用する方法などさまざまな探し方のノウハウについてもご説明します。

仕事探しで重要なこと

仕事探しで一番重要なのは、自分の価値を正しくわきまえることだといえるでしょう。正しく自己評価できていれば、納得できない単価の仕事を受けてモチベーションを失ってしまい、高単価、高タスクの作業を遂行するのにスキルが足りなくて膨大な時間がかかってしまうということを防げます。期待されている品質をクリアできなければ、評価の低下に直接つながってしまいますから、自分にちょうど合った仕事を見つけて、見積もりなどを提出するときにも、きちんと自分を正しくアピールできるようにしておくことがとても大切です。

フリーランスの仕事の探し方

では、フリーランサーの方々が実際にやっていて成功を収めている、いくつかの仕事探しの方法を見てみましょう。最近注目を集めているクラウドソーシングサイトを利用する方法だけでなく、地道な営業活動によって仕事を得ているというパターンもあるようです。また、これまでのコネクションを有効利用してこれからの仕事に活かしていくこともできます。それぞれの業界によって探す方法もいろいろです。自分に合った方法を探してみてください。

仕事の探し方 クラウドソーシング


クラウドソーシングサイトを利用する方法が、一般的になってきています。クラウドソーシングサイトとは、業務の一部をアウトソーシングしたい企業と、得意な分野を持つフリーランサーたちをマッチングしてくれるサイトで、たくさんの企業がクライアントとして登録されていて、さまざまな優れた能力を持つフリーランサーたちに外注のワーカーとして業務を委託しています。
クラウドソーシングサイトのメリットは、クライアントとフリーランサーの間で生じかねないトラブルを未然に防いでくれる機能が備わっているところをあげることができます。業務委託が決まったら、クライアントは報酬分の金額を仮入金し、サイトに預けます。フリーランサーの作業が間違いなく完了したことを確認したのちに、フリーランサー側に報酬が入金されるようになっていることが多いです。このようにして、納品後にクライアントと連絡が取れなくなってしまうことを避けることができます。
「Lancers」や「CrowdWorks」などの規模の大きなサイトもあれば、ライターのマッチングに特化した「Shinobiライティング」や、デザイナーのマッチングに特化した「SKIMA」など、それぞれの得意な業務分野のサイトもあります。

仕事の探し方 紹介


フリーランサーとして歩み出す前からお付き合いのあるクライアントなどから、仕事を紹介してもらえるケースもあるでしょう。これまでの長年のお付き合いがありますから、クライアントはこちらのことをよく知ってくれていますし、こちらも相手についてよく知っていますから、問題なく連絡を取りあえて仕事を進めていくことができるでしょう。
また、独立する前に所属していた会社から仕事を紹介されるというケースもあります。このケースでも、以前の仲間とともに働くことになるので、コミュニケーションもスムーズに進めることができるはずです。

仕事の探し方 営業


デザイナーやエンジニアとして企業の中で活躍されてきた方は、営業について経験がないことも多いかもしれませんが、フリーランサーとして働くことになるなら、仕事を探すために営業に出かけていくことも必要になるでしょう。
クラウドソーシングサイトなどのマッチングサイトに登録し、自己アピールをきちんと表現しておくことが大切です。また、企業の看板がない個人で行なう事業ですから、飛び込みで訪問する営業よりも、身近な知り合いからの紹介などのコネクションを活用する方が仕事を獲得できる可能性が格段にあがります。

仕事の探し方 SNS


フリーランサーとして活躍していくためには、こちらのことをよく知ってもらうことが必要です。知ってもらうとよい情報は、きちんと撮影したプロフィール写真、スキルや連絡対応できる時間帯、これまでに取り組んだ案件についての写真やブログの日記などいろいろあります。
多くの人にこれらの情報を売り込むにはSNSが最適です。Twitterは知ってもらいたい情報を多くの人に拡散したいときに有効な手段です。Instagramでは写真を効果的に使って魅力的な自己アピールができます。Facebookは関心を持ってくれたクライアントとの連絡窓口としてメッセンジャー機能を活用することができるでしょう。その他にも、LinkedinやGoogle+などもあります。いろいろなSNSを駆使して、情報を知ってもらう手段として積極的に活用しましょう。
主に、仕事の内容について投稿することになると思いますが、日常の生活の話題を載せるのも親近感が抱けてよいでしょう。趣味が合うクライアントと意気投合して、気の置けないビジネスパートナーになることもあるかもしれません。気楽に投稿できるのが楽しいですが、機密保持の内容のものやクライアントのプライバシーにかかわる情報などを公開してしまわないように十分に注意しましょう。

仕事の探し方 イベント


個人で仕事をする際に役に立つのが人脈ではないでしょうか。優れた能力を持つ歴戦の方々が味方になってくれると本当に心強く感じることができるでしょう。では、さまざまなイベントを通していろんな人々と知り合っていきましょう。業界ごとにいろんな形の交流会が頻繁に開催されます。SNSなどをよくチェックして、参加してみましょう。
イベントを有意義に参加するためにはどんなことを気に留めておく必要があるでしょうか?まず、たくさんの人々と名刺交換することができます。相手に覚えてもらえるような名刺をデザインしてみましょう。そのときは社交辞令的な体裁であったとしても、きちんと記憶にとどめてもらうことができていれば、いざというときに声をかけてもらうことにもなるかもしれません。そして、イベントに参加したあとのフォローもとても大切です。名刺に記載されているメールアドレスなどにメッセージで連絡すると、さらに印象付けることができるでしょう。

仕事の探し方 業務委託


フリーランサーとして仕事を探す際には、業務委託という契約形態を探すこともできます。業務委託であれば、企業側にとっては、正規雇用の社員を雇うことと違って、社会保険の負担を省くことができるため、この契約形態で募集することが増えています。フリーランサー側としても、会社の社員として働くわけではないので、時間の融通も利きますし、上司との上下関係からの煩わしさもないため、メリットがあります。

自分で仕事を探してみよう!

フリーランサーのためのいろんな仕事の探し方があることがよくわかりました。いずれの場合でも、こちらについてよく知ってもらうことが大切ですから、きちんと自己アピールできるようによく準備しておくことがとても肝心です。フリーランスとしての第一歩を安心して踏み出せるように、この記事が準備のお手伝いになることができれば幸いです。

無料でホームページを作れる「ペライチ」

誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

HTMLやCSSでお悩みなら簡単ホームページ作成サービス「ペライチ」におまかせください。
特別な知識は必要ありません。好みのテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にホームページを作ることが出来ます。
誰でも簡単にホームページ作成を!「ペライチ」

ホームページ大学 メディア編集部です! みなさんのお役に立てるような情報を提供していきます